honeypot link

Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

血液浄化による病気の管理

血液浄化による病気の管理

アフェレーシスという方法では、血液をいったん体から取り出して、血液の液体成分や含まれる物質、血球、血小板などを選択的に取り出したり、量を減らしたりした上で、再び体内に戻します。

この方法は、幹細胞採取、顆粒球採取、血小板採血のように、供血者の血液から特定の血球や血小板だけを採取するために行うこともあります。

また、重篤な病気があり、他の治療法で効果がみられなかった場合に、血液から有害な物質を除去したり、過剰な血球や血小板を取り出したりして、血液をきれいにするために行うこともあります。血液浄化で効果を得るためには、有害物質や血球の産生速度を上回るスピードで除去する必要があります。

血液浄化で最も一般的に行われているのは、血漿交換と血球除去の2つです。

血漿交換では、患者の血液を体外に取り出してから、血漿を血球と血小板から分離します。取り出した血漿は廃棄して、血球と血小板を、アルブミンなどの血漿に置き替わる液体成分とともに再び体内に戻します。血漿交換は、多発性硬化症重症筋無力症ギラン-バレー症候群(筋力が低下する神経疾患)、グッドパスチャー症候群(肺の出血と腎不全を伴う自己免疫疾患)、クリオグロブリン血症(異常な抗体が形成される病気)、血栓性血小板減少性紫斑病(まれな凝固障害)などの治療に使用されます。

血球除去では、血球のうち過剰になったものが取り除かれます。血球除去は、赤血球増多症(赤血球が多すぎる状態)、ある種の白血病(白血球が異常に増えるがんの一種)、血小板血症(血小板が多すぎる状態)の治療に使用できます。

赤血球交換では、アフェレーシスにより赤血球を取り出した後に、供血者の赤血球と入れ替えます。赤血球交換は、鎌状赤血球症の重篤な合併症(脳卒中や急性胸部症候群[acute chest syndrome]など)を治療したり、ときには予防したりするために用いられます。

アフェレーシスでは、血液を取り出すときと体内に戻すときに、血管と組織の間で大量の液体が移動することから、すでに病気になっている人では合併症を引き起こす危険があるため、必要なときしか行えません。病気によっては、アフェレーシスが病勢のコントロールに有用となる可能性がありますが、一般にその病気を治癒させるものではありません。ただし、血栓性血小板減少性紫斑病では、アフェレーシスにより回復する可能性があります。