honeypot link

Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

市販薬を選択して使用するためのガイドライン

市販薬を選択して使用するためのガイドライン

  • 自己診断ができるだけ間違いのないものであることを確認する。問題を「今、流行中の何かだろう」などと安易に決めつけない。

  • 有名なブランドの薬というだけで製品を選ばず、症状に適した成分のものを選ぶ。

  • 適切な成分の数が最も少ない製品を選ぶ。あらゆる症状を和らげようとする製品は、利用者が不要な成分にさらされることになり、薬によるリスクが増え、費用もかさむ。

  • ラベルをよく読んで、どんな状態には向かないという情報も含め、正しい投与量と使用上の注意を判断する。

  • 疑問がある場合は、薬剤師か医師に何が最も適切な成分や製品か尋ねる。

  • 使用中の他の薬と相互作用を起こす可能性がないか薬剤師に尋ねる。

  • 起こりうる副作用を薬剤師に尋ねる。

  • 推奨用量を超えて使用しない。

  • 市販薬は、ラベルの指示にある使用最長期間より長く使用しない。症状が悪化したら使用を中止する。

  • 市販薬を含め、すべての薬は小児の手の届かない所に保管する。