Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

honeypot link
主な薬と食品の相互作用

主な薬と食品の相互作用

影響を受ける薬

相互作用する食品

相互作用

ビスホスホネート系薬剤(アレンドロン酸、イバンドロン酸、リセドロン酸など)

あらゆる食品

オレンジジュース、コーヒー、ミネラルウォーターも含め、すべての飲食物がビスホスホネート製剤の吸収と効果を著しく低下させる。アレンドロン酸やリセドロン酸は、その日最初の食べものや飲みものを摂取したり他の薬を服用する少なくとも30分前に水と一緒に服用しなければならず、イバンドロン酸は少なくとも1時間前に服用しなければならない。

  • 一部のベンゾジアゼピン系薬(トリアゾラムなど)

  • カルシウム拮抗薬(フェロジピン、ニフェジピン、ニソルジピンなど)

  • シクロスポリン

  • エストロゲンおよび経口避妊薬

  • 一部のHMG-CoA還元酵素阻害薬(スタチン系)(アトルバスタチン、ロバスタチン[lovastatin]、シンバスタチンなど)

グレープフルーツジュース

グレープフルーツジュースは、左記以外の多くの薬を含め、薬の代謝にかかわる酵素を阻害してある種の薬の効果を増強させる。

ジゴキシン

オートミール

オートミールや、その他のシリアルを大量に摂取すると、それに含まれる食物繊維がジゴキシンの吸収を妨げることがある。

MAO阻害薬(フェネルジン[phenelzine]、トラニルシプロミン[tranylcypromine]など)

チラミンを多く含む食品:各種のチーズ(米国産プロセスチーズ、チェダー、ブルー、ブリー、モッツァレラ、パルメザンなど)、ヨーグルト、サワークリーム、塩漬け加工肉(ソーセージ、サラミなど)、レバー、魚の干物、キャビア、アボカド、バナナ、酵母エキス、レーズン、ザワークラウト、しょうゆ、ソラマメ、赤ワイン、特定のビールなど

MAO阻害薬(うつ病の治療に特によく使用される)を服用している患者が左記の食品を摂取すると、重度の頭痛と高血圧クリーゼのような死に至る血圧上昇が起こることがある。これらの食品を避ける必要がある。

テトラサイクリン

カルシウムのサプリメント、またはカルシウムを多く含む食品(牛乳、乳製品など)

左記の食品によってテトラサイクリンが吸収されにくくなることがあるため、テトラサイクリンは食事の1時間前か2時間後に服用する必要がある。

ワルファリン(抗凝固薬)

ビタミンKを多く含む食品(ブロッコリー、芽キャベツ、ホウレンソウ、ケールなど)

左記の食品はワルファリンの有効性を減らすことがあり、その結果、血栓を形成するリスクが増大する。そのため、左記の食品は、摂取を控えるとともに、毎日の摂取量を一定に保つ必要がある。

MAO = モノアミン酸化酵素