honeypot link

Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

虐待が疑われるとき

虐待が疑われるとき

高齢者に何らかの問題がある、または何らかの変化があった場合、医療従事者や家族、友人は、虐待が原因になっている可能性を意識すべきです。これらの問題には以下のものがあります。

  • 衛生状態が悪い、または不快な臭いがある

  • 床ずれ

  • 体重減少と口腔乾燥がみられる

  • 眼鏡、補聴器、または義歯がなくなる

  • 複数のあざ、通常、事故でけがをしにくい部分(殿部など)のあざ、または物(調理器具、棒、またはベルトなど)の形をしたあざ

  • ロープの跡

  • 骨折

  • 引っかき傷や切り傷

  • 不安、うつ病、または引きこもりや無抵抗な態度

  • 金銭面での突然の変更(遺言状の変更、金銭もしくはその他の資産の喪失、または高齢者の銀行カードへの名義の追加など)

介護者の以下のような行動も虐待を示唆している場合があります。

  • 高齢者に話をさせない

  • 高齢者を子どものように扱う

  • けがについて信じがたい説明をする