Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

honeypot link
中程度の毒性がある植物

中程度の毒性がある植物

植物名

症状

治療

アロエとその類縁植物

植物を飲み込んだ場合は支持療法*、皮膚に刺激が生じた場合は、石けんと水で洗い流す(洗浄)

アンズ、セイヨウミザクラ、モモの核、リンゴなどの種(サクラ属 Prunusおよびリンゴ属 Malus)、通常は大量の種を噛んで飲み込んだ場合のみ

重篤な中毒の場合、ヒドロキソコバラミンを静脈から投与し、シアン化物解毒剤キットを使用する(硝酸アミルの吸入、亜硝酸ナトリウムやチオ硫酸ナトリウムの静脈内投与など)

ウマノスズクサ属

腎臓に瘢痕組織が形成される

支持療法*

ツツジ

コリン作動性の症状

支持療法*とアトロピン投与

カラジウムとその類縁植物

葉に含まれるシュウ酸カルシウムの結晶による口内の刺激

支持療法*と刺激物を溶かすための牛乳やアイスクリームの摂取

トウガラシとその類縁植物

皮膚と粘膜の刺激

支持療法*、刺激物質を水で洗い流すための患部の洗浄

コルヒチン(コルチカム、イヌサフラン、キツネユリ)

後から生じる胃腸炎と多くの器官系の機能障害(不全)

骨髄の血球や血小板を作る能力を阻害し、可能性として貧血、感染症、出血が生じることがある

支持療法*

ベラドンナ

抗コリン症状、高体温、けいれん発作、幻覚

支持療法*

非常に高い体温やけいれん発作に対して、フィゾスチグミンを投与することがある

ダムケイン(ディフェンバキア)

葉に含まれるシュウ酸カルシウムの結晶による口内の損傷

支持療法*と結晶を溶かすための牛乳やアイスクリームの摂取

ソラマメ

赤血球を保護するG6PDという酵素が欠乏している人で、胃腸炎、発熱、頭痛、溶血性貧血

支持療法*

重度の貧血と中毒には、徐々に血液を抜き同量の新鮮なドナー血液の輸血を行うこと(交換輸血)が考慮される

緑色のジャガイモとジャガイモの芽

胃腸炎、幻覚、せん妄

支持療法*

セイヨウヒイラギの実

胃腸炎

支持療法*

シロバナヨウシュチョウセンアサガオ

抗コリン症状、高体温、けいれん発作、幻覚

支持療法*

非常に高い体温やけいれん発作に対して、フィゾスチグミンを投与することがある

甘草(生の植物)

低カリウム血症、高血圧、体液の貯留による腫れ(浮腫)

支持療法*

スズラン

高カリウム血症、心拍リズムの異常(不整脈)

支持療法*とジギタリスに対する抗体投与

ヤドリギ

胃腸炎

支持療法*

トリカブト

心拍数の低下、不整脈、しびれ、チクチク感、筋力低下

支持療法*

ときに、炭酸水素ナトリウムの静脈内投与

イラクサ

皮膚のチクチク感と灼熱感

支持療法*

ナス科植物(アメリカイヌホオズキ、ズルカマラ)

胃腸炎、幻覚、せん妄

支持療法*

ベラドンナ

抗コリン症状、高体温、けいれん発作、幻覚

支持療法*

非常に高い体温やけいれん発作に対して、フィゾスチグミンを投与することがある

ペニーロイヤル

肝臓の損傷(重度の場合、黄疸や錯乱が生じ、出血しやすくなる)

アセチルシステイン

フィロデンドロンとその類縁植物

葉に含まれるシュウ酸カルシウムの結晶による口内の損傷

支持療法*と結晶を溶かすための牛乳やアイスクリームの摂取

ポインセチア

口、鼻腔、腟、尿道の粘膜に触れた場合、軽度の刺激

不要

ツタウルシ

刺激物であると分かっているものを避ける;具体的な症状の治療

ヨウシュヤマゴボウ

胃腸炎

口、鼻腔、腟、尿道の粘膜に触れた場合に刺激

支持療法*

ポトス

葉に含まれるシュウ酸カルシウムの結晶による口内の損傷

支持療法*と結晶を溶かすための牛乳やアイスクリームの摂取

イチイ

胃腸炎

まれに、けいれん発作、不整脈、昏睡

支持療法*

*支持療法では、輸液や解熱薬の投与といった体の機能を維持する治療、血圧低下がみられる場合に血圧を上げる薬の投与、人工呼吸器の使用などを行います。

コリン作動性の症状には、心拍数の低下、心臓の収縮力の低下、危険なレベルの低血圧、気道の収縮による呼吸困難、紅潮、腹部のけいれん痛、下痢、尿量や唾液量の増加、涙目、発汗の増加、強い痛みを伴う筋肉のけいれんなどがあります。

抗コリン症状には、錯乱、かすみ目、便秘、口腔乾燥、ふらつき、尿の出にくさ、排尿途中での途切れ、尿失禁などがあります。

G6PD = グルコース-6-リン酸脱水素酵素。