honeypot link

Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

中華料理店症候群(チャイニーズレストラン・シンドローム)

中華料理店症候群(チャイニーズレストラン・シンドローム)

いわゆる中華料理店症候群とは、中華料理を食べた後に生じる顔面の圧迫感、胸痛、全身の灼熱感、不安などの症候群のことをいいます。これらの症状は、グルタミン酸ナトリウムに対する過敏反応と考えられており、グルタミン酸ナトリウムは風味を増すための調味料で、中華料理によく使われます。この反応はまれです。