Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

honeypot link
肝硬変の合併症

肝硬変の合併症

症状

考えられる原因

腹部の腫れ

腹部不快感、しばしば発熱を伴う

特発性細菌性腹膜炎(腹部に貯留した体液の感染症)

ふくらはぎの痛みまたはむくみ

錯乱と眠気

呼吸困難

疲労、皮膚が青白くなる

次のいずれかの病態による貧血

  • 出血

  • 脾臓の腫大

  • 葉酸、鉄、またはビタミンB12の欠乏による栄養不良

  • 慢性的なアルコール乱用により、血球の生産が妨げられる

尿量の減少と呼吸困難

肝腎症候群(肝不全に起因する腎不全)

骨折(軽い転倒や軽微な外傷によることが多い)

感染症の症状

白血球減少症(白血球の数が少なくなった状態)

ビリルビン(古い赤血球や損傷した赤血球が分解されてできる老廃物)の処理が妨げられる

あざができやすい、または出血しやすい

小さな点状またはより大きな斑点状の赤紫色の発疹(皮膚の出血を示す)

脾臓の腫大により、血小板(血液凝固を促すために必要な物質)が捕らえられる

慢性的なアルコール乱用により、血小板の生産が妨げられる

ビタミンKの欠乏

肝臓に損傷が起き、凝固因子(血液凝固を促すタンパク)の生産が減少する

皮膚やまぶたのかゆみ(そう痒)と黄色い小さな脂肪の沈着物

胆汁処理能力の低下

下血

直腸の静脈瘤(直腸静脈瘤)

脾臓の腫大(脾腫)

脂肪便(便の色が薄く、柔らかくかさばり、脂っぽく異常な悪臭がする)

脂肪の吸収低下

吐血

門脈圧亢進症による食道の下端(食道静脈瘤)または胃(胃静脈瘤)の静脈瘤