Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

honeypot link
抗精神病薬

抗精神病薬

薬剤

主な副作用

備考

従来の抗精神病薬

クロルプロマジン

フルフェナジン

ハロペリドール

ロキサピン(loxapine

モリンドン

ペルフェナジン

ピモジド

チオリダジン(訳注:日本では販売中止)

チオチキセン

トリフロペラジン

口腔乾燥

かすみ目

けいれん発作

心拍数の上昇(頻脈)と血圧の低下

便秘

突然発生して、消失することの多い振戦と筋肉のこわばり(ときに硬直に進行する)

顔や腕の不随意運動(遅発性ジスキネジア)

筋肉の硬直、発熱、高血圧、精神機能の変化(神経遮断薬による悪性症候群)

高齢者、平衡感覚に異常のある人、重篤な身体的病気がある人では、副作用が起こる可能性がはるかに高くなる。

ハロペリドールとフルフェナジンには、作用時間の長い注射薬もある。

チオリダジン(訳注:日本では販売中止)の服用中は眼の診察と心電図検査の実施が推奨される。

新しい抗精神病薬

アリピプラゾール

アセナピン

ブレクスピプラゾール

カリプラジン

クロザピン

イロペリドン(iloperidone

ルラシドン

オランザピン

パリペリドン

クエチアピン

リスペリドン

ジプラシドン

眠気、体重増加(最も多い)、かなり強いこともある

ほかに考えられるものとして、腹部への脂肪の蓄積、血中コレステロール値の異常、高血圧、インスリンの作用に対する抵抗性(メタボリックシンドローム

新しい抗精神病薬は、振戦(ふるえ)、筋肉のこわばり、不随意運動(遅発性ジスキネジアなど)、神経遮断薬による悪性症候群などの副作用は少ないが、起こる可能性はある。

アリピプラゾール、オランザピン、リスペリドンには、作用時間の長い注射薬もある。

クロザピンは、骨髄抑制、白血球数の減少、けいれん発作を引き起こす可能性があるため、あまり使用されない。しかし、他の薬が効かない患者にはしばしば有効となる。

体重増加を引き起こす可能性は、クロザピンオランザピンで最も高く、アリピプラゾールで最も低い。

ジプラシドンは体重増加を引き起こさないが、心電図に異常を生じることがある。

アリピプラゾールブレクスピプラゾールカリプラジンジプラシドンは、メタボリックシンドロームを引き起こす可能性が低い。