honeypot link

Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

射精を遅らせる練習

射精を遅らせる練習

早漏の治療によく用いられる方法は2つあります。これらの治療法は、早漏の悪化につながることが多い不安の軽減にも役立ちます。どちらの方法でも、激しい興奮を得ても射精に至らないようにする訓練を行います。どちらも、陰茎への刺激を自分で行う(自慰の際)かパートナーに刺激してもらい、射精しそうになるまで行います。パートナーと行う場合は、刺激はまず手で行い、後に性交の前や性交時に行います。

スタートアンドストップ法では、刺激を途中で止めます。圧迫法では、本人かパートナーが亀頭のすぐ下を10~20秒圧迫して射精を抑え、勃起の強さを弱めます。どちらの方法でも、30秒ほど経過した後に刺激を再開できます。練習すると、95%以上の男性が5~10分またはそれ以上の時間にわたって、射精を抑えられるようになります。