Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

honeypot link
低血圧の主な原因

低血圧の主な原因

身体で起きること

原因の例

血管が拡張(広くなる)

アルコール

一部のアレルギー反応

アミトリプチリンなど、一部の抗うつ薬

血管を拡張させる降圧薬(カルシウム拮抗薬、アンジオテンシン変換酵素阻害薬、アンジオテンシンII受容体拮抗薬など)

硝酸薬

重度の細菌感染症

暑さにさらされること

神経の損傷(糖尿病、アミロイドーシス、脊髄損傷などによるもの)

心拍出量の低下

不整脈

心筋の損傷または機能不全(心臓発作またはウイルス感染症などによるもの)

心臓弁膜症

肺塞栓症

血液量の低下

下痢

利尿薬(フロセミド、ヒドロクロロチアジドなど)

大量の出血

大量発汗

排尿の増加(未治療の糖尿病やアジソン病でみられる一般的な症状)

自律神経系の損傷

アミロイドーシス

糖尿病

多系統萎縮症(シャイ-ドレーガー症候群)

パーキンソン病

心臓に戻る血液が遮断

妊娠中、特定の体位で横たわった際に下大静脈(脚からの血液が流れる大静脈)が子宮により圧迫される

排便や排尿、重い物を持ち上げる際のいきみによる腹圧の上昇

血圧を制御する脳の部位の抑制

アルコール

抗うつ薬

メチルドパ、クロニジンなどの降圧薬

バルビツール酸系