honeypot link

Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

服用の便益を最大にし、リスクを減らす

服用の便益を最大にし、リスクを減らす

高齢者とその介護者は、薬の服用の便益を最大にし、リスクを減らすためにできることが多くあります。薬に関する疑問または問題は何でも医師または薬剤師に相談しましょう。問題を回避し、健康を増進するためには、薬を指示通りに服用し、医療提供者に情報を伝達することが不可欠です。

薬と治療中の病気について知りましょう。

  • 市販薬やビタミン、ミネラル、薬用ハーブなどのサプリメントを含め、服用中のすべての薬の一覧表を保持する。

  • それぞれの薬について、なぜ服用し、どのような効果が期待されるのかを知っておく。

  • それぞれの薬について、どんな副作用があり、副作用が起こったときにどうすればよいかを知っておく。

  • 薬を服用すべき時刻、食事と一緒に服用できるか、他の薬と同時に服用できるか、いつ服用を中止するかなど、薬の服用法を知っておく。

  • 服用を忘れたときどうするかを知っておく。

  • 薬の服用法に関して、書き留めるか、または医師、看護師、もしくは薬剤師に書いてもらうよう依頼する(このような情報は忘れやすいため)。

  • 現在抱えているすべての病気の一覧表を保持する。

薬を正しく使用しましょう。

  • 指示された通りに薬を使用する。

  • 薬を指示通りに服用するために、薬の整理箱など記憶を助ける道具を使用する。

  • 薬を中止する前に、副作用が現れた、薬が効いていないらしい、または薬の購入が負担になる、などの問題を何でも医師に相談する。

  • 医師、看護師、または薬剤師から指示がなければ、以前に処方された薬で使用していない薬を廃棄する。

  • 薬を廃棄する際は、ラベルに表示されている廃棄時の指示に従う、米国食品医薬品局のウェブサイトの記載事項を確認する、正規の処理センター(場合により薬局または地元の当局)に持っていく、または薬をネコ用砂やコーヒーかすと混ぜてビニールなどに包み、密閉または防水容器あるいは袋に入れてゴミとして捨てる。

  • 類似する病気であっても、他者の薬を服用しない。

  • 薬の有効期限を確認し、期限切れの薬を使用しない。

医師や薬剤師と密接に連絡しましょう。

  • 同じ薬局、できれば包括的なサービス(薬が相互作用を起こす危険性のチェックなど)を提供し、各人の完全な薬歴管理を実施している薬局に、すべての処方をしてもらう。

  • 医師に求められたら、診察時に服用中のすべての薬を持参する。

  • 服用中の薬と病気の一覧表を持参して、医師、看護師、または薬剤師と定期的に話し合い、薬が正しいことや、使用を継続すべきであることを確認する。例えば、すべての薬のしかるべき服用方法を医師に話し、その内容が正しいかどうか尋ねることで、自分自身を試すことができる。

  • 薬を変更するたびに、医師、看護師、または薬剤師と薬の一覧表を確認する(医師と薬剤師は薬同士の相互作用を確認できる)。

  • 使用中のすべての市販薬とビタミン、ミネラル、薬用ハーブなどのサプリメントについて、医師と薬剤師に知らせる。

  • 市販薬やサプリメントを含め、どんな薬でも新たに服用する場合は医師に相談する。

  • 薬の使用に関連すると疑われる症状(新しい症状または予想外の症状など)があれば、医師または薬剤師に報告する。

  • 薬の服用スケジュールが複雑で従うのが困難な場合は、簡単にするよう医師に依頼する。

  • 複数の医師にかかっている場合は、必ずそれぞれの医師に、使用しているすべての薬を伝える。

  • ラベルを拡大して印刷してもらうよう薬剤師に依頼し、読めることを確認する。

  • 持ちやすく開けやすい容器に薬を包装してもらうよう、薬剤師に依頼する。