Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

honeypot link
高齢者で特に問題を起こしやすい主な薬

高齢者で特に問題を起こしやすい主な薬

用途

問題

アルファ遮断薬(ドキサゾシン、プラゾシン、テラゾシンなど)

高血圧の治療

高血圧治療に用いるべきではない。

起立性低血圧(立ち上がったときの急激な血圧低下)のリスクが高まる。

アルファ作動薬(クロニジン、グアナベンズ、グアンファシン、メチルドパ、レセルピンなど)

高血圧の治療

他の薬が効果的でない場合を除き、通常、高血圧の治療に用いるべきではない。

起立性低血圧と異常な心拍数低下が生じることや、脳の機能が低下することがある。

メチルドパとレセルピンはうつ病の一因になることがある。

レセルピンは、勃起障害(インポテンス)の一因になることがある。

鎮痛薬(ペチジン、ペンタゾシンなどの一部)

痛みの緩和

ペチジンは、オピオイドの一種であり、しばしば錯乱を引き起こし、ときにけいれんを引き起こす。すべてのオピオイドと同様に、便秘、尿閉(膀胱に尿がたまっても排尿できない状態)、眠気、錯乱を引き起こす。ペチジンは、内服ではあまり効果的でない。

ペンタゾシンは、錯乱や幻覚を引き起こすことがある。

抗不整脈薬(アミオダロン、ジソピラミド、ドフェチリド、ドロネダロン[dronedarone]、フレカイニド、イブチリド[ibutilide]、プロカインアミド、プロパフェノン、キニジン、ソタロールなどの一部)

不整脈の治療

通常、心房細動(不整脈)の治療に用いるべきではない。

アミオダロンは、甲状腺疾患、肺疾患、QT延長症候群(これ自体が、重篤な不整脈の一因になることがある)のリスクを高めることがある。

ジソピラミドは、強い抗コリン作用がある*。高齢者で心不全を引き起こす可能性がある。

抗うつ薬(アミトリプチリン、クロミプラミン、高用量のドキセピン、イミプラミン、トリミプラミンなどの古い薬)

うつ病の治療

これらの古い抗うつ薬には強い抗コリン作用がある*。起立性低血圧や過度の眠気も引き起こす。

抗コリン作用のある抗ヒスタミン薬(古い薬)(ブロムフェニラミン[brompheniramine]、カルビノキサミン、クロルフェニラミン、クレマスチン、シプロヘプタジン、デキスブロムフェニルアミン[dexbrompheniramine]、デクスクロルフェニラミン[dexchlorpheniramine]、ジフェンヒドラミン、ドキシラミン[doxylamine]、ヒドロキシジン、プロメタジン、トリプロリジンなど)

アレルギーもしくはかぜ症状の軽減、または睡眠補助

抗ヒスタミン薬の多くの非処方薬(市販薬)と処方薬には、強力な抗コリン作用がある*。

眠気や錯乱を引き起こすことがある。

せき止め、かぜ薬に含まれることが多い。

睡眠補助薬として使用すると、その作用に対する耐性が発生することもある。

抗パーキンソン病薬(ベンツトロピン、トリヘキシフェニジル)

パーキンソン病の治療

より効果的な薬が市販されている。

ベンツトロピンとトリヘキシフェニジルには強い抗コリン作用がある*。

抗精神病薬(クロルプロマジン、ハロペリドール、メソリダジン[mesoridazine]、チオリダジン(訳注:日本では販売中止)、チオチキセン、リスペリドン、オランザピン、クエチアピン、アリピプラゾールなど)、メトクロプラミド

現実との接点の喪失(精神病)の治療、またはいくぶん議論の余地はあるが認知症の人の行動障害の治療

ときに、吐き気の治療(一般に、クロルプロマジンまたはメトクロプラミドのみ)

眠気、運動障害(パーキンソン病に類似)、コントロールできない顔面けいれんを引き起こす。一部は、抗コリン作用もある*。これ以外に、死に至る副作用もある。精神病性障害がある場合のみ使用すべきであり、医師が患者を慎重にモニタリングする必要がある。

認知症の患者に抗精神病薬を投与すると、脳卒中や死亡のリスクが高まる。

メトクロプラミドは、眠気や運動障害(パーキンソン病に類似)を引き起こす。

バルビツール酸系薬剤(アモバルビタール、ブタバルビタール[butabarbital]、ブタルビタール、メホバルビタール、ペントバルビタール、フェノバルビタール、セコバルビタールなど)

鎮静、不安の軽減、または睡眠補助

薬に依存するようになる可能性がある。睡眠を助ける効果が失われることがある。低用量で服用しても過量投与になることがある。

ベンゾジアゼピン系薬剤(アルプラゾラム、クロルジアゼポキシド、クロルジアゼポキシド/アミトリプチリン、クリジニウム/クロルジアゼポキシド、クロナゼパム、クロラゼプ酸、ジアゼパム、エスタゾラム、フルラゼパム、ロラゼパム、オキサゼパム、クアゼパム、テマゼパム[temazepam]、トリアゾラムなど)

鎮静、不安の軽減、または睡眠補助

眠気を引き起こし、歩行時の平衡感覚が失われることがある。転倒と骨折のリスクが増加するほか、自動車事故のリスクも高くなる。

高齢者では、一部の薬の作用が極めて長時間続く(数日以上続くことが多い)。

特定の睡眠薬(エスゾピクロン、ザレプロン、ゾルピデムなど)

睡眠補助

副作用はベンゾジアゼピン系薬剤と類似している。医師は、この薬の使用を短期間にとどめる方がよいとしている。

抱水クロラール

睡眠補助

耐性が短期間で発生し、睡眠補助薬として作用しなくなる。

過剰摂取のリスクが高い。

ジゴキシン

心不全または不整脈の治療

年齢とともに、腎臓のジゴキシンを排出する能力が低下する。大量に投与すると容易に有害な濃度(毒性濃度)に達する。副作用には、食欲不振、吐き気、錯乱などがある。

ジピリダモール(即放型)

血栓リスクの減少または血流改善

高齢者で起立性低血圧を引き起こすことが多い。アスピリンまたは抗凝固薬のワルファリンなど、血栓を形成しにくくする他の薬と併用すると、出血リスクを増加させる可能性もある。

消化管の筋れん縮を抑えたり止めたりする薬(鎮けい薬であるベラドンナアルカロイド、クリジニウム/クロルジアゼポキシド、ジサイクロミン、ヒヨスチアミン、プロパンテリン、スコポラミンなど)

腹部のけいれんと腹痛の軽減

強い抗コリン作用があり*、高齢者では副作用を引き起こすことが多い。有用性、特に高齢者が耐えられる低い投与量での有用性には疑問がある。

麦角アルカロイドメシル酸塩とイソクスプリン

血管拡張

年齢を問わず効果的ではない。

エストロゲン(プロゲスチン併用の有無を問わない)

ホットフラッシュ(ほてり)、寝汗、腟の乾燥などの更年期症状を緩和する助けになる。

高齢女性で乳がんと子宮(内膜)がんのリスクを増加させ、脳卒中、心臓発作、認知症のリスクを増加させる可能性がある。腟の乾燥の治療にはエストロゲン腟クリームが安全かつ効果的と考えられる。

ヒスタミン受容体(H2)拮抗薬(シメチジン、ファモチジン、ニザチジン、ラニチジンなど)

胸やけ、消化不良、または潰瘍の治療

シメチジンは、通常の用量で薬物相互作用や副作用(特に錯乱)を引き起こす可能性がある。

ファモチジン、ニザチジン、ラニチジンは、高用量で副作用(特に錯乱)を引き起こす可能性がある。

認知障害患者の記憶と思考の問題を悪化させることがある。

スライディングスケールを用いたインスリン投与

糖尿病の治療

この方法でインスリンを投与すると、血糖値が危険な水準まで低下することがあり、固定用量を食事と一緒に投与する方法と比較して、糖尿病のコントロールに効果的ではない。

緩下薬(鉱物油など)

便秘の治療

鉱物油は内服時に誤って肺の中へ吸い込まれ、肺の損傷を引き起こすことがある。

男性ホルモン(テストステロン、メチルテストステロンなど)

テストステロン低値(男性性腺機能低下症という)

男性のテストステロン値が低く、重大な症状が引き起こされている場合に限り使用するべきである。心疾患の一因となったり、前立腺疾患が悪化したりすることがある。

メゲストロール(megestrol

食欲を増進し、減少した体重を回復する助けになる

血栓を引き起こすことがあり、死亡リスクを高める可能性がある。また、体重増加を助けるのに、あまり効果的でないと考えられる。

筋弛緩薬(カリソプロドール、クロルゾキサゾン、シクロベンザプリン[cyclobenzaprine]、メタキサロン[metaxalone]、メトカルバモール、オルフェナドリン[orphenadrine]など)

筋肉のけいれんの軽減

ほとんどの筋弛緩薬には抗コリン作用がある*。眠気や脱力も引き起こすため、転倒と骨折のリスクが高まる。すべての筋弛緩薬について、高齢者の副作用を避けるために必要な低い投与量での有用性には疑問がある。リスクが便益を上回る可能性が高い。

ニフェジピン(即放型)

降圧

即放型カプセルの形で服用すると、血圧が過度に低下することがあり、ときに心臓発作と類似した症状(例えば、胸部の圧迫感や胸痛)が生じることがある。

ニトロフラントイン

尿路感染症の治療

長期間使用すると、副作用(肺の損傷など)を引き起こすことがある。膀胱感染の治療のために服用した場合では、腎機能が低下していると、効果的でないことがある。

NSAID(アスピリン、ジクロフェナク、ジフルニサル、エトドラク、フェノプロフェン、イブプロフェン、インドメタシン、ケトプロフェン、メクロフェナム酸[meclofenamate]、メフェナム酸、メロキシカム、ナブメトン、ナプロキセン、オキサプロジン、ピロキシカム、スリンダク、トルメチンなど)

COX-2阻害薬(セレコキシブ)

痛みと炎症の軽減

NSAIDを長期間使用する場合、胃を保護する他の薬を併用しなければ、消化性潰瘍疾患、または胃もしくは腸の出血を引き起こすことがある。NSAIDとセレコキシブは、腎機能と心不全症状を悪化させることもある。

すべてのNSAIDのうち、インドメタシンの副作用が最も多い。錯乱またはめまいを引き起こす可能性もある。

スピロノラクトン

降圧または利尿薬としての作用

血中カリウム濃度上昇の一因になることがある。

スルホニル尿素薬(クロルプロパミド、グリベンクラミドなどの長時間作用型の薬)

糖尿病の治療

クロルプロパミドとグリベンクラミドの作用が長期間続く。高齢者では、血糖値が低い状態(低血糖)が長時間続く可能性がある。クロルプロパミドは、腎臓に過剰な水分を保持させ、血液中のナトリウム濃度を低下させることもある。

チクロピジン

脳卒中の予防の助けになる

重篤な血液疾患を引き起こすことがある。より安全で効果的な薬が市販されている。

トリメトベンズアミド(trimethobenzamide

吐き気の軽減

腕、脚、その他の部位の異常運動を引き起こすことがある。吐き気軽減に最も効果が低い薬の1つである。

*抗コリン作用には錯乱、かすみ目、便秘、口腔乾燥(口の中の乾燥)、ふらつきや平衡感覚の喪失、排尿の開始困難などがあります。

ジピリダモールは徐放剤としてアスピリンと併用することも可能です。これは、脳卒中の既往がある人で脳卒中を予防するために使用されますが、この表に含まれていません。

COX-2阻害薬 = コキシブ系薬剤、NSAID = 非ステロイド系抗炎症薬