honeypot link

Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

家族構成の変化

家族構成の変化

多くの人は、伝統的な家族とは結婚した男女とその2人の間に生まれた子どもという風に思い描きますが、しばらく前からこのような形が当てはまらなくなっています。例えば、片親、同性愛者のカップル、特別な関係のない成人が同居して一緒に子どもを育てるなど、様々なスタイルの家族があります。

離婚によって、多くの子どもが、片親だけの家庭、または同棲や再婚で生まれた混合家族で生活することを余儀なくされています。米国の小児の約33%はシングルマザーのもとに生まれ、約10%は10代のシングルマザーから生まれています。祖父母やその他の親戚に養育されている小児も数多くいます。また、養父母と暮らす小児は100万人を超えています(養子制度を参照)。

伝統的な家族でさえ変化しています。両親が共に外で働いていることが多いため、多くの小児が、日中は家庭以外で面倒をみてもらう必要があります(保育を参照)。勉強や仕事のキャリアを積みたいという理由から、小児をもつことを30代や40代まで延ばす夫婦が多くなっています。また、文化的な状況の変化により、父親が子育てに多くの時間を費やすようになってきています。

家族の対立はどの家庭にもありますが、健全な家庭であれば、それを解消する力や、対立をものともせずにうまくやっていく強さがあります。家族構成がどうであれ、健全な家庭であれば、家族の一員であるという意識が小児に芽生え、小児の身体面、感情面、発達面、スピリチュアルな面で必要なことが満たされます。健全な家庭では、それぞれの文化や家風に合った形で、家族が互いに自分の気持ちを話し、支え合います。