Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

honeypot link
胃腸炎の原因となる微生物

胃腸炎の原因となる微生物

微生物

主な感染源

症状

抗菌薬の使用

アストロウイルス

流行(多くは季節性の流行)

比較的軽度の水様性下痢

嘔吐と発熱

症状は感染後3~4日で現れる

通常2~7日続く

ロタウイルスと同様

抗菌薬と抗ウイルス薬は投与しない。

汚染された肉類の摂取(特に加熱調理が不十分な鶏肉)

汚染された水や無殺菌牛乳の摂取

しばしば血性下痢、ときに水様性下痢が、1日から1週間またはそれ以上続く

発症早期に抗菌薬(アジスロマイシン、シプロフロキサシンなど)を投与すると、症状の持続期間が短縮することがある。

通常は抗菌薬を服用している人に起こる細菌の過剰増殖に起因する

下痢

この病気の原因となる抗菌薬の服用を中止する。

メトロニダゾール、バンコマイシン、またはフィダキソマイシンを経口投与する。

汚染された水の摂取

人と人の接触

レクリエーションでの水浴び

免疫系に障害のある人は特に感染しやすい

水様性下痢、けいれん性の腹痛、吐き気、疲労、嘔吐

通常約2週間続く

ニタゾキサニド(nitazoxanide)などの抗寄生虫薬を投与することがある。

汚染された食べものや水の摂取

血性下痢、腹痛、体重減少が1~3週間続く

肝臓などの臓器にも感染することがある

メトロニダゾール、ヨードキノール(iodoquinol)、パロモマイシンなどの抗寄生虫薬を投与する。

加熱調理が不十分な牛ひき肉、無殺菌牛乳やジュースの摂取

汚染されたプールでの水泳

人と人の接触

感染した動物に触れた指を口に入れること

突然の腹部けいれん、通常1~3日以内に血性となる水様性下痢、約5%の人で溶血性尿毒症症候群

抗菌薬は溶血性尿毒症症候群の発生リスクを高めるため使用しない。

汚染された飲べものや水の摂取

頻繁な水様性下痢

通常3~5日続く

シプロフロキサシン、レボフロキサシンなどの抗菌薬を投与すると回復までの期間短縮に役立つことがある。

小児にはアジスロマイシンを投与する。

汚染された水の摂取

人と人の接触、特に託児所で多い

下痢、吐き気、食欲不振

脂肪便、腹部膨満、ガス貯留、疲労、体重減少を伴う、比較的長期間の病状が数日から数週間続くことがある

メトロニダゾールやニタゾキサニド(nitazoxanide)などの抗寄生虫薬を投与する。

腸管アデノウイルス

流行(多くは季節性の流行)

頻繁な水様性下痢が1~2週間続く

下痢が生じて1~2日後に軽度の嘔吐が生じる

50%の人に発熱が生じる

症状は感染後3~10日で現れる

通常10日以上続く

抗菌薬と抗ウイルス薬は投与しない。

ノロウイルス

流行(多くは季節性の流行)

頻繁な水様性下痢

嘔吐、特に小児でみられる

胃けいれん、頭痛、うずきと痛み

およそ30%の人で約39℃以上の発熱

下痢は通常成人に起こる

症状は感染後1~2日で現れる

通常2~7日続く

抗菌薬と抗ウイルス薬は投与しない。

流行(多くは季節性の流行)

頻繁な水様性下痢

嘔吐と約39℃以上の発熱

症状は感染後1~3日で現れる

5~7日続くことがある

抗菌薬と抗ウイルス薬は投与しない。

乳児に対するワクチンが利用できる。

汚染された食べものの摂取

爬虫類(イグアナ、ヘビ、カメなど)、鳥類、両生類(カエル、サンショウウオなど)との接触

高熱、消耗、腹部けいれん、吐き気、嘔吐、下痢(血性のこともそうでないこともある)

症状は通常3~7日続く

通常、抗菌薬は投与しない。

人と人の接触、特に託児所で多い

軽症の場合も重症の場合もある

軽症の場合、水様便、軟便

重症の場合、高熱、消耗、重度の腹部けいれん、排便時の痛み、便に血液や粘膜が混じる

治療しなければ症状は通常1週間ほど続く

抗菌薬(シプロフロキサシン、トリメトプリム-スルファメトキサゾールなど)の投与により回復までの期間が短縮し、他の人へ広がる機会が減る。

セレウス菌Bacillus cereus

細菌が産生する毒素に汚染された食べものの摂取

重度の吐き気、嘔吐、下痢

症状は汚染された食べものの摂取後12時間以内に始まり、36時間以内に軽減する

抗菌薬は投与しない。

汚染された食べものや水の摂取

痛みを伴わない水様性下痢と嘔吐

大量の体液喪失とショックが起きることがある

シプロフロキサシンやドキシサイクリンなどの抗菌薬を投与する。

その他のビブリオ属Vibrio

貝類

水様性下痢、しばしば軽度の吐き気と嘔吐を伴う

シプロフロキサシン、ドキシサイクリン、トリメトプリム/スルファメトキサゾール配合剤などの抗菌薬を投与する。