Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

honeypot link
骨折に関する医学用語の説明

骨折に関する医学用語の説明

種類

説明

屈曲骨折

折れた骨片同士が一直線に並んでいない骨折。骨片同士の間に角度がついています。

剥離骨折

骨本体から骨片が引き剥がされている骨折。転倒などで外部から強い力がかかると、靱帯に引っ張られて骨片が剥がれることがあります。また、若年の運動選手などでは、骨に付着した筋肉が強く収縮したときに、腱に引っ張られて骨片が剥がれることがあります。

剥離骨折は通常、手、足、足首、膝、肩に起こります。

閉鎖骨折

骨折部位を覆う皮膚が破れていない骨折。

粉砕骨折

折れた骨が3つ以上の骨片に分かれている骨折。多数の非常に小さい骨片に割れることもよくあります。

骨自体がつぶれている骨折。

こうした骨折は高齢者でよく起こります(特に骨粗しょう症の患者)。背骨(椎骨)でよく起こります(脊椎圧迫骨折)。

転位骨折

折れた骨の一部や破片が分離して正しい位置にない骨折。

若木骨折

骨に部分的な亀裂が入ったり曲がったりしているが、完全に折れてはいない骨折。

若木骨折は小児にのみ発生します。

軟骨でできた成長板で起こる骨折。成長板には小児の骨を伸ばす働きがあり、この働きが止まると、身長もそれ以上伸びません。成長が終わったら、成長板は骨に置き換わります。成長板が骨折すると、骨の成長が止まったりねじれて成長したりすることがあります。

成長板骨折は、小児と青年にのみ発生します。

嵌入(かんにゅう)骨折

一方の骨片の端が他方の端に入り込んでいる骨折。その結果、骨が短くなったように見えます。

関節(関節内)骨折

関節を形成する骨の端部(関節面)の軟骨に及んでいる骨折。正常時には、この軟骨は、関節で骨がこすれ合うときに起こる摩擦を軽減しています。この軟骨が骨折すると、その関節を動かせなくなり、さらに変形性関節症が発生しやすくなります。

転位のない骨折

折れた骨片が正しい位置にあり(ずれがなく)、骨片の間にすき間ができていない状態。

斜骨折

骨の長い中間部(骨幹)を斜めにまっすぐ横切る骨折。

不顕性骨折

X線検査ではあまり、または一切写らない小さな骨折。CT(コンピュータ断層撮影)検査やMRI(磁気共鳴画像)検査などの画像検査で確認できることがあります。

数日または数週間後、骨の治癒に伴って形成される新しい骨に変化が生じます。この後に不顕性骨折がX線検査で確認できるようになることがあります。

一部の疲労骨折は不顕性です。

開放骨折

折れた骨を覆う皮膚と組織が裂けている骨折。折れた骨が皮膚を突き破って外に出ている場合があります。汚れ、破片、細菌により傷口が容易に汚染され、折れた骨に感染が生じることがあります。

骨粗しょう症性骨折

骨粗しょう症性骨折(脆弱性骨折とも)は高齢者にみられ、股関節、手首、脊椎、肩、骨盤でよく起こります。

病的骨折

骨粗しょう症、特定の骨感染症、骨腫瘍(がんが他の部位から骨へ転移したものを含む)など、骨を弱くする病気によって引き起こされる骨折。

分節骨折

2カ所で骨の分離が起きている骨折。分節骨折は粉砕骨折の一種です。

らせん(捻転)骨折

骨がねじれて分離した骨折。その結果、骨の端部が鋭くとがったり、ギザギザになったり、傾斜したりすることがあります。

重い物を持った状態での歩行やランニングといった活動により、骨に繰り返し負荷がかかることで起こる骨折。疲労骨折では、多くの場合、骨に小さいひびが入っています(毛髪様骨折とも呼ばれます)。

疲労骨折の多くは、脚の膝より下の部分や足など、体重がかかる骨で起こります。

隆起骨折

骨が折れるというよりは、隆起する骨折。

この骨折は通常、小児にのみ発生します。小児の骨は成人より弾力があるため、折れずに曲がることがあります。

横骨折

まっすぐ横に折れている骨折。