Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

honeypot link
末梢神経疾患の主な原因

末梢神経疾患の主な原因

種類

運動ニューロン疾患

遺伝性

突然発症する後天性疾患

慢性の後天性疾患

筋萎縮性側索硬化症 筋萎縮性側索硬化症(ALS)とその他の運動ニューロン疾患(MND) 運動ニューロン疾患は、筋肉の運動を開始させる神経細胞が進行性に変性することを特徴とします。その結果、これらの神経に刺激されていた筋肉も萎縮し、正常に機能しなくなります。 筋萎縮性側索硬化症(ルー・ゲーリッグ病)は、最も一般的な運動ニューロン疾患です。 通常は、筋力の低下や萎縮が起こって、動きが固くなり、ぎこちなくなります。... さらに読む (ルー・ゲーリッグ病)、腫瘍随伴症候群 腫瘍随伴症候群 腫瘍随伴(「がんに伴う」という意味、がんの概要も参照)症候群は、がんによって血液中を循環する物質を原因とする異常な症状が引き起こされると発生します。このような物質は、腫瘍から分泌されたホルモンであったり、免疫系によって作られた抗体であったりします。これらの物質は様々な組織や臓器の機能に影響を及ぼし、腫瘍とは遠く離れた部分に症状を引き起こし... さらに読む ポリオ後症候群 ポリオ後症候群 ポリオ後症候群は、ポリオウイルスによる感染症から数年ないし数十年後に筋肉の疲労と筋力低下が起きる病気です。 (エンテロウイルス感染症の概要も参照のこと。) ポリオにかかった人の一部は、回復後数年ないし数十年が経過してからポリオ後症候群を発症します。ポリオ後症候群は、重症型のポリオ(麻痺型ポリオ)にかかったことがある高齢者で発生しやすい傾向... さらに読む 進行性球麻痺 進行性球麻痺 運動ニューロン疾患は、筋肉の運動を開始させる神経細胞が進行性に変性することを特徴とします。その結果、これらの神経に刺激されていた筋肉も萎縮し、正常に機能しなくなります。 筋萎縮性側索硬化症(ルー・ゲーリッグ病)は、最も一般的な運動ニューロン疾患です。 通常は、筋力の低下や萎縮が起こって、動きが固くなり、ぎこちなくなります。... さらに読む

神経根疾患

遺伝性

後天性

神経叢疾患

後天性

急性腕神経叢炎 様々な脊髄神経の神経線維が網目状に入り組んだ部分を神経叢と呼びますが、それが外傷、腫瘍、血腫(血液がたまった状態)、自己免疫反応などによって損傷を受けることがあります。 痛み、筋力低下、感覚の消失が、腕または脚の全体または一部に起こります。 筋電図検査と神経伝導検査は、損傷のある箇所を見つけるのに役立ち、MRI検査とCT検査は損傷の原因を... さらに読む 自己免疫疾患 自己免疫疾患 自己免疫疾患とは免疫系が正常に機能しなくなり、体が自分の組織を攻撃してしまう病気です。 自己免疫疾患の原因は不明です。 症状は、自己免疫疾患の種類および体の中で攻撃を受ける部位によって異なります。 自己免疫疾患を調べるために、しばしばいくつかの血液検査が行われます。 治療法は自己免疫疾患の種類によって異なりますが、免疫機能を抑制する薬がし... さらに読む 出産中の新生児のけが 新生児の分娩損傷 (新生児の一般的な問題の概要も参照のこと。) 分娩損傷とは、分娩の過程で通常は産道を通る際に物理的な圧力が生じる結果として新生児が受ける損傷のことです。 多くの新生児が出生の際に軽いけがをします。 まれに、神経が損傷したり骨が折れたりします。 ほとんどのけがは、治療をしなくても治ります。 さらに読む 新生児の分娩損傷 糖尿病 糖尿病 糖尿病は体が必要とするインスリンを十分に産生しないため、血糖(ブドウ糖)値が異常に高くなる病気です。 排尿が増加し、のどが渇き、減量しようとしていないのに体重が減少します。 神経を損傷し、知覚に問題が生じます。 血管を損傷し、心臓発作、脳卒中、慢性腎臓病、視力障害のリスクが高まります。... さらに読む 、血腫(血の貯留)、重症外傷(高速度の自動車事故など)、がんの転移、神経線維腫症 神経線維腫症 神経線維腫症は一群の遺伝性疾患の総称で、皮膚の下などの体の部分に、軟らかく肥厚した神経組織(神経線維腫)が増殖し、しばしばコーヒーミルク色の平らな斑点(カフェオレ斑)が皮膚にできます。 皮膚の下にできる腫瘍とカフェオレ斑に加え、骨の異常、協調運動障害、脱力、感覚異常、聴覚障害、視覚障害がみられることもあります。... さらに読む 神経線維腫症 (まれ)、神経の腫瘍

末梢神経疾患

遺伝性

感染性のもの

C型肝炎 C型肝炎(急性) C型急性肝炎は、C型肝炎ウイルスを原因とし、持続期間が数週間から最大で6カ月の肝臓の炎症です。 C型肝炎は、違法薬物の注射を目的として滅菌していない針を共用した場合にみられるように、感染した人の血液などの体液と接触することで感染します。 C型急性肝炎では多くの場合、症状が起こりません。... さらに読む 帯状疱疹 帯状疱疹 帯状疱疹(たいじょうほうしん)とは、水痘を引き起こす水痘帯状疱疹ウイルスが再活性化することで生じるウイルス感染症です。 ウイルスが再活性化する原因は分からないことが多いのですが、病気や薬によって免疫機能が低下したときに起こる場合があります。 帯状疱疹では痛みを伴う水疱の発疹が現れ、患部に慢性痛が生じることもあります。... さらに読む 帯状疱疹 HIV感染症 ヒト免疫不全ウイルス(HIV)感染症 ヒト免疫不全ウイルス(HIV)感染症とは、ある種の白血球を次第に破壊し、後天性免疫不全症候群(エイズ)を引き起こすことのあるウイルス感染症です。 HIVは、ウイルスやウイルスに感染した細胞を含む体液(血液、精液、腟分泌液)と濃厚に接触することで感染します。 HIVはある種の白血球を破壊し、感染症やがんに対する体の防御機能を低下させます。... さらに読む ヒト免疫不全ウイルス(HIV)感染症 ライム病 ライム病 ライム病の原因はライム病ボレリア Borrelia burgdorferiという細菌で、通常はシカダニを介して人に感染します。 ほとんどの人は、ライム病がみられる山間地域での野外活動中に感染します。 通常は、大きな赤い斑点が咬まれた場所に現れ、ゆっくりと大きくなります。周囲にいくつか赤い輪ができることがよくあります。... さらに読む ライム病 梅毒 梅毒 梅毒は、梅毒トレポネーマ Treponema pallidumという細菌によって引き起こされる性感染症です。 梅毒の症状は、見かけ上は健康な時期をはさんで、3段階で生じます。 まず患部に痛みのない潰瘍が現れ、第2期では、発疹、発熱、疲労感、頭痛、食欲減退がみられます。 治療しないでいると、第3期には、大動脈、脳、脊髄、その他の臓器が侵され... さらに読む 梅毒

炎症性のもの

虚血性(血液供給の途絶による)

代謝性

アミロイドーシス アミロイドーシス アミロイドーシスは、異常に折りたたまれたタンパク質がアミロイド線維を形成し、様々な組織や器官に蓄積して臓器が正常に機能しなくなり、臓器不全や死に至ることもあるまれな病気です。 アミロイドーシスの症状と重症度は、どの重要臓器が影響を受けるかによって異なります。 組織サンプル(生検サンプル)を採取し、顕微鏡で検査することにより、診断を確定しま... さらに読む アミロイドーシス 、糖尿病、ビタミンB欠乏症 ビタミンB6欠乏症 ビタミンB6(ピリドキシン)は、炭水化物とアミノ酸、脂肪(脂質)の処理(代謝)のほか、正常な神経機能、赤血球の形成に必要不可欠です。皮膚を健康に保つのにも役立ちます。(ビタミンの概要も参照のこと。) 乾燥酵母、レバーなどの内臓肉、全粒粉シリアル、魚、豆類などには、ビタミンB6が豊富に含まれています。... さらに読む 、慢性の過度の飲酒 アルコール 遺伝特性や個人的な性質がアルコール関連障害の発症に関与しています。 アルコールを飲みすぎると、眠くなったり攻撃的になり、運動協調や精神機能が損なわれ、仕事、家族関係、その他の活動を妨げます。 長期間大量のアルコールを飲むと、アルコールに依存するようになり、肝臓、脳、心臓を損傷します。... さらに読む による低栄養、腎不全 腎不全の概要 腎不全とは、血液をろ過して老廃物を取り除く腎臓の機能が十分に働かなくなった状態のことです。 腎不全の原因としては、様々なものが考えられます。腎機能が急激に低下する場合(急性腎障害、急性腎不全とも呼ばれます)もあれば、ゆっくりと低下していく場合(慢性腎臓病、慢性腎不全とも呼ばれます)もあります。腎不全になると、腎臓は血液をろ過して老廃物(ク... さらに読む

圧迫に関連するもの(神経絞扼症候群と呼ばれる)

手根管症候群 手根管症候群 手根管症候群は、正中神経が手首の手根管を通る所で圧迫され(締めつけられ)痛みが引き起こされる病気です。 手根管症候群の大半は原因不明です。 手の親指に近い指と手のひらが、痛くなったりチクチクしたりしびれたりします。 診断は、診察と、必要な場合は神経機能検査の結果に基づいて下されます。... さらに読む 手根管症候群 肘部管症候群 肘部管症候群 肘部管(ちゅうぶかん)症候群は、尺骨神経が肘の位置で圧迫される(締めつけられる)ことによって起こる病気です。 肘を繰り返し使うことによって肘部管症候群が生じることがあります。 症状には、薬指と小指のしびれや針で刺したようなチクチクする感じ、肘の痛みなどがあります。 診断は、診察と、必要な場合は神経機能検査の結果に基づいて下されます。... さらに読む 肘部管症候群 (尺骨神経麻痺の一種)、橈骨神経麻痺 撓骨神経管症候群 撓骨神経管(とうこつしんけいかん)症候群は、撓骨神経の分枝が前腕、腕の後ろ側、または肘で圧迫された(締めつけられた)結果起こる病気です。 (手の病気の概要も参照のこと。) 撓骨神経管が管と呼ばれるのは、そこが狭い領域であり、橈骨神経が肘の周囲でそこを通って、前腕から手へと向かっているためです。橈骨神経管はそれを取り囲む筋肉、腱、靱帯によっ... さらに読む 腓骨神経麻痺 腓骨神経麻痺 単神経障害は、1本の末梢神経だけに起こる損傷です。 神経の長時間の圧迫は、単神経障害の最も一般的な原因です。 侵された領域にチクチクする感覚やしびれ、筋力の低下がみられます。 通常、単神経障害の診断は症状と身体診察の結果に基づいて下されます。 通常は、症状を引き起こす活動を止めるか修正し、鎮痛薬を服用することが有用ですが、ときにコルチコス... さらに読む 腓骨神経麻痺 足根管症候群 足根管症候群 足根管症候群は、かかとと足の裏を支配する神経(後脛骨神経)が圧迫されるか損傷することによって、足首、足、ときに足の指の痛みが起こる状態です。 症状は、歩いたり、特定の靴を履いたりしたときに起こる焼けつくような痛みや、チクチクする痛みなどです。 診断は、足の診察結果と、ときに神経伝導検査の結果に基づいて下されます。... さらに読む

毒性物質(毒素)

神経筋接合部疾患

様々

乳児のボツリヌス症 乳児ボツリヌス症 乳児ボツリヌス症は、筋力低下を引き起こす感染症で、生命を脅かすことがあります。ボツリヌス菌 Clostridium botulinumの芽胞を含んだ食べものを摂取した乳児に発生します。 ボツリヌス菌 Clostridium botulinumは、生存に酸素を必要としない嫌気性の細菌です。... さらに読む イートン-ランバート症候群 イートン-ランバート症候群 イートン-ランバート症候群は、神経と筋肉との間での情報伝達を阻害し、筋力低下を引き起こす自己免疫疾患です。 イートン-ランバート症候群は通常、ある種のがん(特に男性の肺がん)が発生する前後あるいは発生と同時期に起こります。 この症候群は、筋力低下(特に脚)、疲労、口腔乾燥、まぶたの下垂、上腕と太ももの痛みを引き起こします。... さらに読む 重症筋無力症 重症筋無力症 重症筋無力症は、神経と筋肉の間の信号伝達が妨げられる自己免疫疾患で、筋力低下の発作を引き起こします。 重症筋無力症は、免疫系の機能不全により起こります。 通常、まぶたの下垂と複視が起こり、運動後は筋肉の著しい疲労と筋力低下が起こります。 診断を確定するためには、アイスパックや安静によってまぶたの下垂が軽減するかをみる検査、筋電図検査、血液... さらに読む 殺虫剤 殺虫剤中毒 殺虫剤の多くは、飲み込んだり、吸い込んだり、皮膚から吸収されたりすると、中毒を引き起こします。 症状としては、流涙、せき、心臓の異常、呼吸困難などがあります。 殺虫剤中毒は、症状、血液検査、中毒の経緯に基づいて診断されます。 重篤な殺虫剤中毒の治療に効果的な薬がいくつかあります。... さらに読む または神経ガス 神経剤 化学兵器は、戦時のために政府が開発し、以下のものが含まれます。 有害物質(重篤な損傷または死亡を引き起こすことを意図する) 無能力化剤(一時的で生命を脅かさない作用のみを引き起こすことを意図する) 焼夷剤(光と炎を放つことを意図する) 工業用などに製造される有害工業化学物質にも、多数の被害者を発生させる能力があります。一部の化学物質(塩素... さらに読む (サリンなど)への曝露による機能障害、特定の薬物の使用による機能障害

筋肉の病気*

遺伝性

デュシェンヌ型筋ジストロフィー、ベッカー型筋ジストロフィー デュシェンヌ型筋ジストロフィーとベッカー型筋ジストロフィー 筋ジストロフィーとは、正常な筋肉の構造と機能のために必要な遺伝子の1つ以上に異常があるために、様々な重症度の筋力低下を引き起こす遺伝性筋疾患の総称です。デュシェンヌ型筋ジストロフィーとベッカー型筋ジストロフィーは、体幹に最も近い筋肉に筋力低下を引き起こします。 これらの筋ジストロフィーは、筋肉の機能に関与している遺伝子の異常によって発生し... さらに読む 家族性周期性四肢麻痺 家族性周期性四肢麻痺 家族性周期性四肢麻痺は、まれな常染色体優性遺伝疾患(片親のみが患者でも子孫がこの形質を引き継ぐ可能性がある)で、筋力低下と麻痺が突然生じる発作を引き起こします。 筋肉が刺激に対して正常に反応しませんが、その際、通常は血液中のカリウム濃度が低すぎるか高すぎるかのいずれかです。 筋力低下は断続的で、主に腕や脚に現れ、多くの場合、運動のしすぎま... さらに読む 肢帯型筋ジストロフィー 肢帯型筋ジストロフィー 筋ジストロフィーとは、正常な筋肉の構造と機能のために必要な遺伝子の1つ以上に異常があるために、様々な重症度の筋力低下を引き起こす遺伝性筋疾患の総称です。 顔面肩甲上腕型筋ジストロフィーは、最も多くみられる病型の筋ジストロフィーです。デュシェンヌ型筋ジストロフィーは、2番目に多くみられる最も重症の病型です。ベッカー型筋ジストロフィーは、デュ... さらに読む 先天性筋強直症 先天性筋強直症(トムゼン病) 筋ジストロフィーとは、正常な筋肉の構造と機能のために必要な遺伝子の1つ以上に異常があるために、様々な重症度の筋力低下を引き起こす遺伝性筋疾患の総称です。 顔面肩甲上腕型筋ジストロフィーは、最も多くみられる病型の筋ジストロフィーです。デュシェンヌ型筋ジストロフィーは、2番目に多くみられる最も重症の病型です。ベッカー型筋ジストロフィーは、デュ... さらに読む (トムセン病)、筋強直性ジストロフィー 筋強直性ジストロフィー(シュタイネルト病) 筋ジストロフィーとは、正常な筋肉の構造と機能のために必要な遺伝子の1つ以上に異常があるために、様々な重症度の筋力低下を引き起こす遺伝性筋疾患の総称です。 顔面肩甲上腕型筋ジストロフィーは、最も多くみられる病型の筋ジストロフィーです。デュシェンヌ型筋ジストロフィーは、2番目に多くみられる最も重症の病型です。ベッカー型筋ジストロフィーは、デュ... さらに読む (シュタイネルト病)

内分泌

先端巨大症 巨人症および先端巨大症 (甲状腺の概要も参照のこと。) 成長ホルモンが過剰につくられると、極端な発育を招きます。この状態は、小児では巨人症、成人では先端巨大症(末端肥大症)と呼ばれます。 成長ホルモンが過剰につくられるのは、ほとんどの場合、がんではない(良性の)下垂体腫瘍が原因です。 小児では身長が異常に伸び、成人では身長が伸びない代わりに骨が変形します。... さらに読む 巨人症および先端巨大症 (成長ホルモンの過剰分泌による過度の発育)、クッシング症候群 クッシング症候群 クッシング症候群は、コルチコステロイドが過剰な状態で、通常は副腎のホルモン分泌過剰によるものです。 通常、クッシング症候群の原因は、副腎でのコルチコステロイドの過剰産生を引き起こす下垂体や副腎の腫瘍です。 クッシング症候群はまた、その他の部位(肺など)に腫瘍がある場合や、他の病気の治療のためにコルチコステロイドの投与を受けている人に起こる... さらに読む クッシング症候群 、糖尿病、甲状腺機能亢進症 甲状腺機能亢進症 甲状腺機能亢進症は甲状腺が働きすぎている状態で、甲状腺ホルモンの値が高く、身体の重要な機能が働く速度が上昇します。 バセドウ病は甲状腺機能亢進症の原因として最もよくみられます。 心拍数と血圧の上昇、不整脈、過剰な発汗、神経質や不安、睡眠障害、意図しない体重減少などの症状がみられます。... さらに読む 甲状腺機能亢進症 (甲状腺の活動が過剰になった状態)、甲状腺機能低下症 甲状腺機能低下症 甲状腺機能低下症は、甲状腺の働きが低下し、甲状腺ホルモンの分泌が不十分になる病気で、身体の重要な機能が働く速度が低下します。 顔の表情が乏しく、声がかすれ、話し方はゆっくりになり、まぶたは垂れて、眼と顔が腫れます。 通常は1回の血液検査で診断が確定されます。 甲状腺機能低下症の人は、生涯にわたって甲状腺ホルモンの投与を受ける必要があります... さらに読む 甲状腺機能低下症 (甲状腺の活動が不十分になった状態)

炎症性

代謝性

脂質 その他のまれな遺伝性の脂質代謝異常症 脂質代謝異常症は遺伝性代謝疾患です。遺伝性疾患は、これらの病気を引き起こす欠陥のある遺伝子が親から子どもに受け継がれることで発生します。 脂質とは脂肪のことで、体にとって重要なエネルギー源です。体は蓄えた脂肪を分解したり再合成したりすることで、エネルギーの需要と食べた分とのバランスを常に保っています。脂肪の分解(代謝)とその後の処理には、... さらに読む その他のまれな遺伝性の脂質代謝異常症 糖原病 糖原病 糖原病は糖代謝異常症であり、グリコーゲンの代謝に関与する酵素が欠如しているために、しばしば成長障害、筋力低下、肝臓の腫れ、低血糖、錯乱などが起こる病気です。遺伝性疾患は、これらの病気を引き起こす欠陥のある遺伝子が親から子どもに受け継がれることで発生します。 糖原病は、ブドウ糖をグリコーゲンに合成したり、グリコーゲンをブドウ糖に分解したりす... さらに読む 、アルコール依存症、低カリウム血症 低カリウム血症(血液中のカリウム濃度が低いこと) 低カリウム血症とは、血液中のカリウム濃度が非常に低い状態をいいます。 カリウム濃度の低下には多くの原因がありますが、通常は嘔吐、下痢、副腎の病気、利尿薬の使用が原因で起こります。 カリウム濃度が低下すると、筋力低下、筋肉のけいれんやひきつり、さらには麻痺が生じるほか、不整脈を起こすことがあります。... さらに読む (血液中のカリウム濃度が低いこと)

*神経ではなく筋肉を侵す病気は、末梢神経障害と同様に、筋力低下を引き起こします。医師は、筋力低下の原因が筋肉の異常なのか神経の問異常なのかを判断するための検査を行います。