Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

honeypot link
ワクチンで予防できる病気の患者数

ワクチンで予防できる病気の患者数

病名

ワクチンが開発される前*

2017年または2015年(2008年の数字はカッコ内で示す)

21,053

0

20,000(推定)

22

117,333

推定2500(11,049)

B型肝炎(急性)

66,232

推定19,200(11,269)

麻疹(はしか)

503,217

122

ムンプス(おたふくかぜ)

162,344

5629

200,752

15,808

重度の肺炎球菌感染症—すべての年齢層

63,067

推定29,000(44,000)

重度の肺炎球菌感染症—5歳未満の小児

16,069

1800(4167)

麻痺を生じるポリオ

16,316

0

入院を必要としたロタウイルス感染症—3歳未満の小児

62,500

11,250(7500)

47,745

9

29,005

0

580

31

水痘(水ぼうそう

4,085,120

推定126,639(449,363)

*20世紀における米国の年平均患者数。

2015年の数字。

米国で報告された患者数。

Adapted from Appendix E: Data and statistics: Impact of vaccines in the 20th and 21st centuries.In Epidemiology and Prevention of Vaccine-Preventable Diseases: The Pink Book, edited by Hamborsky J, Kroger A, and Wolfe S.Centers for Disease Control and Prevention, Washington D.C.Public Health Foundation, 2015, p.E-5.米国疾病予防管理センターから入手可能。