Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

honeypot link
長期ケアの種類

長期ケアの種類

種類

サービス

典型的な生活環境

資金

食事(食堂または個人の部屋)

社会活動、レクリエーション活動

日常活動の援助

一部の施設では、緊急事態のモニタリング(インターホン、個人的な緊急時対応システムなど)、看護師や理学療法士の勤務、必要なら24時間監視

集合住宅、またはときに浴室付き寝室のみの場合もある

主に自己資金または長期ケア保険

一部の州ではメディケイド(米国の低所得者向け医療扶助制度)による補助

食事(食堂または個人の部屋)

予約した医療機関または商業施設への送迎

社会活動

個人的ケアの援助、ときに薬の服用の支援(例えば、薬を服用することを思い出させるなど)

共通の廊下に面した居室

主に自己資金

食事(通常は食堂。よりケアの必要な人や自室で食事をとる人を除く)

送迎

社会活動、レクリエーション活動

必要なだけの日常活動の支援と医療

ニーズに応じた様々な取り組み

主に自己資金

専門的看護が必要な場合は、その看護に対するメディケア(米国の高齢者医療保険)やメディケイドによる補償

食事

日常活動の援助

24時間体制の専門的看護

リハビリテーション(理学療法、作業療法、呼吸療法、言語療法)

ホスピスケア

医師による監視

共通の廊下に面した居室

自己資金

メディケイド

メディケア(3日以上の入院後に毎日ケアが必要な場合に、認定介護施設で行われる短期間の専門的ケアに対する補償)