Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

honeypot link
陰嚢痛の主な原因と特徴

陰嚢痛の主な原因と特徴

原因

一般的な特徴*

検査

片方の精巣に激しく持続的な痛みが突然生じる

痛みのある精巣は、反対側の精巣と比較して体方向へもち上がっている

新生児と思春期以降の男子でよくみられるが、ときに成人でも起こる

精巣垂捻転(精巣に付属している小さな組織片のねじれ)

痛みは通常、数日間かけて発生し、精巣の上部で生じる

ときに精巣周囲の腫れ

典型的には7~14歳の男児で発生する

超音波検査

精巣上体やときに精巣において、痛みが徐々に始まるか突然現れる

ときに頻尿または排尿時の痛みや灼熱感

最近重い物を持ち上げたか、いきんだことのある男性

しばしば陰嚢の腫れ

ときに陰茎から分泌物

典型的には思春期以降の男子と成人男性

尿検査と尿培養検査

けが

性器にけがのある男性

しばしば陰嚢の腫れ

超音波検査

典型的には、鼠径部に長期にわたり無痛の膨隆があった男性、しばしばヘルニアの存在が判明している男性

以下の特徴を示す膨隆。

  • 軟らかく、風船のような感触

  • 典型的には、男性が上体を起こしているときや、腹部内の圧力が上昇しているとき(例、排便のいきみや重い物を持ち上げる際)に大きくなる

  • ときに、横になると消失する

  • ときに、腹部内に押し戻すことができる

痛みは徐々に始まるか突然生じ、典型的には膨隆を腹部に押し戻すことができない時に起こる

医師の診察

関連痛( 腹部大動脈瘤 腹部大動脈瘤 腹部大動脈瘤とは、大動脈が腹部を通過する部分(腹部大動脈)の壁に膨らみ(拡張)が生じた状態のことです。 腹部大動脈瘤は、典型的には徐々に大きくなっていき、ときに破裂することがあります。 動脈瘤ができると、腹部に拍動が感じられることがあり、破裂した場合には体の深部の耐えがたい激痛や低血圧が起こり、死に至ります。... さらに読む 腹部大動脈瘤 尿路結石 尿路結石 結石は尿路のいずれかの部位で形成される硬い固形物で、痛み、出血、または尿路の感染や閉塞の原因となることがあります。 小さな結石の場合は症状がみられませんが、大きな結石が発生すると、肋骨と腰の間の部分に耐えがたい激痛が生じることがあります。 結石の診断では通常、画像検査と尿検査が行われます。... さらに読む 尿路結石 、下部脊椎の脊髄神経根の圧迫、 虫垂炎 虫垂炎 虫垂炎とは、虫垂に感染と炎症が起きた状態です。 しばしば虫垂の内部に閉塞が生じることで虫垂が炎症を起こし、感染症が生じます。 腹痛、吐き気、発熱がよくみられます。 試験開腹または画像検査(CT検査や超音波検査など)が行われます。 治療としては、虫垂を切除する手術と感染症に対する抗菌薬の投与が行われます。 さらに読む 、腫瘍などに起因する痛み、またはヘルニアが修復された後に発生する痛み)

陰嚢の診察の結果は正常

ときに腹部の圧痛

診察時の所見および疑われる原因に依存

陰嚢および腹部の痛み、吐き気、発熱

陰嚢の腫れ、ときに発赤

原因として疑われるウイルスに対する抗体を測定する血液検査を繰り返す

会陰部(性器と肛門の間の領域)の壊死性感染症(フルニエ壊疽)

激しい痛み、重症感、発熱、ときに混乱、呼吸困難、発汗、めまい

陰嚢の発赤もしくは陰部での水疱または組織壊死

ときに腹部手術を最近受けた男性

通常は医師の診察のみ

ときに画像検査

*特徴としては症状や診察結果を示しています。示されている特徴は典型的なものですが、常に認められるわけではありません。