Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

honeypot link
小児によるドメスティックバイオレンスの目撃

小児によるドメスティックバイオレンスの目撃

毎年15人に1人の小児が、例えば両親などのパートナー間暴力(intimate partner violence)にさらされており、そのうち90%がこの暴力の目撃者となります。このような小児には以下のような問題がみられることがあります。

  • 過度の不安や泣き叫び

  • おびえ

  • 睡眠障害

  • うつ病

  • 引きこもり

  • 学校にうまく適応できない

虐待が起こるのは自分のせいだと考える小児もいます。

年長児の場合は、家出をすることもあります。一方の親が他方の親を虐待するのを目撃した小児は、大人になってから虐待を行うようになったり、虐待を受け入れてしまうようになる可能性が高いといわれています。

虐待の加害者が子どもを身体的に傷つけることもあります。ドメスティックバイオレンスのある家庭では、子どもに対する身体的虐待の可能性が非常に高くなります。