Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

honeypot link
乳頭からの分泌物の主な原因と特徴

乳頭からの分泌物の主な原因と特徴

原因

一般的な特徴*

検査

良性の乳房の病気

乳管内乳頭腫(乳管の良性腫瘍、最も一般的な原因)

片側の乳頭からの血の混じった、またはピンク色の分泌物

通常は超音波検査

超音波検査の結果に応じてマンモグラフィー、MRI検査、または乳管造影(乳管のマンモグラフィー)などの追加検査

他の検査でがんの可能性を否定できない場合は生検

乳管の拡張

片側または両側の乳頭からの血の混じった、またはピンク色や様々な色(膿様、灰色、乳白色)の、ときにどろどろしているか粘り気の強い分泌物

乳管内乳頭腫と同じ

しこり、しばしばゴムのような感触で圧痛を伴う、通常は閉経前に発生

ときに、薄黄色、緑、または白色の分泌物

ときに、乳房のしこりの既往

乳管内乳頭腫と同じ

痛み、圧痛、発赤、熱感、あるいはこれらの複数が乳房に急に生じる

しばしば発熱

膿瘍の場合、圧痛のあるしこりと、ときに膿様で悪臭のある分泌物

身体診察

治療により分泌物が治まらなければ、乳管内乳頭腫と同じ評価を行う

乳頭からの分泌物†

ときに触知可能なしこり、皮膚の変化、または腫大したリンパ節(最も多くはわきの下の)

ときに血の混じった、またはピンク色の分泌物

乳管内乳頭腫と同じ

プロラクチン濃度の上昇‡

以下を含む様々な病気

通常両側の乳房からの乳白色の(血が混じっていない)分泌物

しこりはない

ときに、月経不順または月経がない(無月経)

プロラクチンと甲状腺刺激ホルモンを測定する血液検査

使用している薬剤の調査

プロラクチンまたは甲状腺刺激ホルモンの血中濃度が高ければ、頭部のMRI検査

寒さに耐えられない、反応の鈍化、便秘、または体重増加

  • 下垂体または視床下部(脳の一部)の病気

場合によりホルモン異常(無月経、不妊症など)、視覚の変化、または頭痛

  • 慢性の腎疾患または肝疾患

肝疾患では、腹水または黄疸

腎疾患または肝疾患があることが分かっている人

以下を含む特定の薬剤

  • オピオイド

  • 経口避妊薬

  • 胃の病気の治療薬の一部(シメチジン、ラニチジン§、メトクロプラミドなど)

  • プロクロルペラジンなど一部の抗うつ薬とフェノチアジン系薬剤(吐き気または精神病の治療に使用される薬)

  • 一部の降圧薬(アテノロール、ラベタロール、メチルドパ、レセルピン、ベラパミルなど)

プロラクチンと甲状腺刺激ホルモンを測定する血液検査

使用している薬剤の調査

プロラクチンまたは甲状腺刺激ホルモンの血中濃度が高ければ、頭部のMRI検査

*特徴としては症状や診察結果を示しています。示されている特徴は典型的なものですが、常に認められるわけではありません。

†乳頭からの分泌物は通常は乳管内がんまたは浸潤性乳管がんが原因となって生じます。

‡プロラクチンは乳汁の分泌を刺激するホルモンです。

§ラニチジン(経口、静脈内投与される薬、および市販薬)は、がんを引き起こすと考えられる物質であるN-ニトロソジメチルアミン(NDMA)が容認できない値であるため、米国および他の多くの国で市場から回収されました。

MRI = 磁気共鳴画像。