Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

honeypot link
クリンダマイシン

クリンダマイシン

一般的な用途

起こりうる主な副作用

呼吸器感染症

発疹、ときに重度の皮膚反応

不整脈

*ほぼすべての抗菌薬がクロストリジオイデス・ディフィシル(Clostridioides difficile)関連下痢症や大腸の炎症(大腸炎)を引き起こす可能性がありますが、その頻度が最も高い抗菌薬はクリンダマイシンとペニシリン系、セファロスポリン系、およびフルオロキノロン系薬剤です。