Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

honeypot link
クリプトスポリジウム(Cryptosporidium)のライフサイクル
cryptosporidium_lifecycle_ja
クリプトスポリジウム(Cryptosporidium)のライフサイクル

    クリプトスポリジウム(Cryptosporidium) の伝播は、主に汚染された水との接触(例えば、飲水、プールでの遊泳)を介するほか、ときに汚染された食品を介して起こることもあります。

    • 1.寄生虫の卵(オーシスト)が感染した宿主から便または呼吸器分泌物として排泄されます。虫卵は排泄された時点で感染性があります。

    • 2~3(a~k).汚染された水や食べ物に含まれる虫卵が体内に飲み込まれる(または吸い込まれる)と、体内で孵化します。寄生虫は何度か形態が変わります。寄生虫は最初、無性生殖します。次に寄生虫は雄性生殖母体(microgamont)と雌性生殖母体 (macrogamont)になります。これらがつがいになって、産卵に至ります。虫卵には、壁の厚いもの(一般に宿主から排泄される)と壁の薄いもの(主に自家感染に関与する)の2種類があります。自家感染では、虫卵が成虫になり、体内から出ることなく感染を引き起こします。

Image from the Centers for Disease Control and Prevention Image Library.

関連するトピック
クリプトスポリジウム症