Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

honeypot link
旋毛虫のライフサイクル
trichinella_life_cycle_high_ja
旋毛虫のライフサイクル
    • 1.他の動物の肉が入った飼料を与えられている動物(ブタなど)や、他の動物を食べている動物(クマ、キツネ、イノシシなど)が、旋毛虫属のシストを含む肉を食べると、旋毛虫症になります。人間が、感染した動物の肉を生や加熱調理が不十分な状態で、または未処理のまま食べて感染することがあります。

    • 2.胃の酵素がシストを分解し、小腸で幼虫がシストから放出されます。幼虫は腸の粘膜に侵入します。

    • 3.幼虫は腸で成虫になります。

    • 4.1週間後、雌が幼虫を産み、幼虫は筋肉に移動してシストを作ります。このサイクルは、シストの中の幼虫が他の動物に食べられた場合にのみ継続します。

Image from the Centers for Disease Control and Prevention Image Library.

関連するトピック
旋毛虫症