Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

honeypot link
蟯虫のライフサイクル
enterobius_life_cycle_high_ja
蟯虫のライフサイクル
    • 1.雌の成虫が肛門周辺の皮膚に粘着性のゼラチン状の物質を付着させ、その中に虫卵を産みつけます。

    • 2.感染は蟯虫の虫卵を飲み込むことで起こります。虫卵は肛門周辺を掻いたり虫卵の付着した衣服やもの(ベッドカバーなど)を扱ったりした後に、手で口を触ることで口に入ることがあります。また、汚染されたものを取り扱っているときに、少数の虫卵が空気中に飛散し、人間の口に入って飲み込まれることもあります。

    • 3.飲み込まれた後、虫卵は小腸に移動し、そこでふ化して幼虫を放出します。

    • 4.その後、幼虫は大腸に移動します。移動した先で幼虫は2~6週間かけて成虫になり、交配を行います。

    • 5.夜間に雌の成虫が直腸に移動し、肛門から出て虫卵を産みつけます。

Image from the Centers for Disease Control and Prevention Image Library.

関連するトピック
蟯虫感染症