Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

honeypot link
回旋糸状虫のライフサイクル
onchocerca_volvulus_life_cycle_high_ja
回旋糸状虫のライフサイクル
    • 1.感染したブユが人間を刺し、回旋糸状虫の幼虫を皮膚上に落とします。この幼虫は傷口から体内に入ります。

    • 2.幼虫が皮膚の下の組織(皮下組織)に移動し、こぶ(小結節)を作ります。

    • 3.幼虫は小結節の中で成虫になります。雌の成虫はこの結節の中で長ければ約15年生存します。

    • 4.生殖後、雌の成虫は産卵し、その虫卵がふ化してミクロフィラリアという未成熟な寄生虫になります。成虫は1日に1000匹のミクロフィラリアを産むことがあります。ミクロフィラリアは主に皮膚やリンパ管に寄生していますが、血流や尿、たんに存在することもあります。

    • 5.ブユが感染者を刺すと、そのブユにミクロフィラリアが感染します。

    • 6.ミクロフィラリアはブユに取り込まれた後、ブユの腸管の中間部(中腸)に移動し、続いて中央部の筋肉(胸筋)に移ります。

    • 7~8.到達した先で、ミクロフィラリアは幼虫になります。

    • 9.幼虫はブユの口の部分(口吻)に移動し、ブユが他の人を刺したときに感染できる状態になります。

Image from the Centers for Disease Control and Prevention Image Library.

関連するトピック
オンコセルカ症