Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

honeypot link
リーシュマニア(Leishmania)のライフサイクル
leishmania_life_cycle_high_ja
リーシュマニア(Leishmania)のライフサイクル
    • 1.感染した雌のサシチョウバエに人間が刺されて、ウイルスに感染します。サシチョウバエは、感染症を引き起こす原虫(プロマスティゴート)を注入します。

    • 2.プロマスティゴートはマクロファージと呼ばれる免疫細胞に捕食されます。(このように細胞が微生物や他の様々な細胞、または細胞片などを食べるプロセスを貪食[どんしょく]作用と呼び、このような細胞を食細胞と呼びます。)

    • 3.この細胞内で、プロマスティゴートは別の形態(アマスティゴート)になります。

    • 4.様々な組織でマクロファージ内のアマスティゴートが増殖します。

    • 5~6.別のサシチョウバエが感染した人間を刺し、感染したマクロファージを含む血液を吸血することで、サシチョウバエに感染が広がります。

    • 7.サシチョウバエの腸の中央部(中腸)で、アマスティゴートがプロマスティゴートになります。

    • 8.プロマスティゴートはハエの中腸で増殖した後、ハエの口の部分に移動します。このハエが別の人を刺すと、プロマスティゴートがその人の体内に注入され、ライフサイクルの最初に戻ります。

Image from the Centers for Disease Control and Prevention Image Library.

関連するトピック
リーシュマニア症