Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

脊髄造影検査
脊髄造影検査
脊髄造影検査

脊髄造影検査では、まず腰椎穿刺を行って、くも膜下腔(脳と脊髄を覆う複数の組織層の間にある空間)に放射線不透過性の造影剤を注入します。続いてX線撮影を行うと、造影剤の作用によって、X線写真で内部の構造がより鮮明に描出されます。

現在では、脊髄造影検査よりも通常、詳しい画像を容易かつ安全に撮影できるMRI(磁気共鳴画像)検査が主流になっています。

しかし、脊髄の詳細な画像が必要な場合やMRI検査が使えない場合には、CT脊髄造影検査が行われます。