Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

内側半月板損傷
内側半月板損傷
内側半月板損傷

半月板は太ももの骨(大腿骨)とすねの骨(脛骨)の間にある板状の軟骨です。半月板は膝関節を安定させるとともに、クッションとしての役割を果たしています。膝の内側にあるのが内側半月板で、

それが一番損傷を受けやすいのは、片方の足に体重をかけているときに、膝を強くひねったときです。内側半月板は、膝に横から衝撃が加わると損傷することがあります。このような場合は、前十字靱帯や内側側副靱帯も損傷していることがよくあります。