Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

honeypot link
脊髄の損傷領域とその影響
NEU_spinal_cord_damage_ja
脊髄の損傷領域とその影響

    脊髄を守っている脊椎(脊柱)は、頸椎(首)、胸椎(胸)、腰椎(腰)、仙椎(骨盤)の4つの領域に分けられます。各領域は頭文字のアルファベット(それぞれC、T、L、S)で表記されます。

    脊椎の各領域の椎骨には上から番号が付けられています。例えば頸椎の1番上の椎骨はC1、2番目の椎骨はC2、胸椎の2番目の椎骨はT2、腰椎の4番目の椎骨はL4と呼ばれます。これらの番号は、脊髄の特定の位置(レベル[高さ])を指し示すのにも使われます。

    それぞれの神経は、あるレベルで脊髄から出た後、対応する体の部位へ向かいます。 そのため医師は、筋力低下、麻痺、感覚消失などの機能喪失がどこに起こったかに着目することで、脊髄のどこに損傷が生じたかを特定できます。