Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

honeypot link
坐骨神経痛とは
MUS_sciatica_ja
坐骨神経痛とは

    2本の坐骨神経は体内で最も太く長い神経です。これは腰部の脊髄から出ているいくつかの神経根によってできています。手の指ほどの太さがあります。坐骨神経は体の左右にあり、それぞれ下位脊椎から出て、股関節の後ろを通り、殿部から膝の裏側へと続いています。そこで坐骨神経は数本に枝分かれし、さらに足へと降りていきます。坐骨神経や坐骨神経を形成する神経根が締めつけられたり、炎症が起きたり、損傷したりすると、痛み(坐骨神経痛)が起こり、その痛みが坐骨神経に沿って足へと放散する可能性があります。坐骨神経痛は、腰痛がある人の約5%にみられます。

    一部の患者では、原因が見つかりません。椎間板ヘルニア、変形性関節症による骨の異常な突出、脊柱管狭窄症、または靱帯のねんざによる腫れが原因としてみられる患者もいます。まれに、骨パジェット病、糖尿病による神経の損傷(糖尿病性神経障害)、腫瘍、血液の蓄積(血腫)、または膿の蓄積(膿瘍)が神経を圧迫することにより坐骨神経痛の原因になることもあります。坐骨神経痛を起こしやすい人もいると考えられます。

    通常、坐骨神経痛は左右どちらか一方だけに起こります。チクチクする感覚、しつこい痛み、またはビーンと走るような痛みを引き起こすことがあります。脚または足に、しびれを感じることもあります。歩いたり、走ったり、階段を昇ったり、脚を伸ばしたり、ときにせきをしたり、いきんだりすると痛みが悪化し、背中を伸ばすか座ると和らぎます。

    痛みが自然に消えることもしばしばあります。安静や、就寝時に硬いマットレスを使用すること、市販のアセトアミノフェンや非ステロイド系抗炎症薬(NSAID)の服用、患部を温めるか冷やすことで、治療は十分な場合があります。多くの人は、眠るときに横向きに寝て膝を曲げ、膝の間にクッションをはさむと痛みが和らぎます。ウォーミングアップをしてから、やさしくハムストリングの筋肉のストレッチをするのも役立つ可能性があります。

    ときとして、坐骨神経痛の原因に応じて他の治療を行うことがあります。治療としては、理学療法、コルチコステロイドの腰への注射、抗てんかん薬、三環系抗うつ薬、長引く強い痛みに対して行う手術があります。

関連するトピック
腰痛