Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

honeypot link
椎間板ヘルニア
MUS_herniated_disk_ja
椎間板ヘルニア

    脊椎の椎間板を覆う丈夫な外殻が破れて(破裂して)、痛みが生じることがあります。軟らかいゼリー状の内身が外殻から外へ飛び出す(ヘルニアになる)ことがあり、その場合、痛みがさらに強まります。痛みは、ヘルニアの膨らみが隣にある脊髄神経根を圧迫するために起こります。ときには、その神経根に炎症が起こったり、損傷が生じたりすることがあります。

    椎間板ヘルニアの80%以上は腰に発生します。30~50歳の人に最も多くみられます。この年齢層では、椎間板の外殻が弱くなります。強い圧力がかかっているゼリー状の中身は、外殻の裂け目や弱くなった部分から、外へ押し出されて膨らむことがあります。50歳を過ぎると、椎間板の中身が硬くなり始め、ヘルニアが起こりにくくなります。

    椎間板は、急激な外傷や、繰り返し起こった軽い損傷により、ヘルニアを起こすことがあります。太りすぎや、重い物を持ち上げること(特に不適切なやり方で持ち上げる場合)によって、ヘルニアのリスクが高まります。

    椎間板ヘルニアはしばしば、MRI検査やCT検査などの画像検査で明らかに飛び出してヘルニアを起こしているように見える場合でも、症状がないことがあります。症状のない椎間板ヘルニアは、年齢が高くなるほどよくみられます。しかし、椎間板ヘルニアが痛みを引き起こすこともあり、痛みには、わずかな痛みから体を衰弱させるほどの痛みまであります。動かすと痛みが強くなることがよくあります。

    痛みが生じる部位は、どの椎間板がヘルニアを起こし、どの脊髄神経根が影響を受けているかによります。痛みは、椎間板ヘルニアに圧迫された神経の経路に沿って感じることがあります。例えば、椎間板ヘルニアはよく坐骨神経痛(坐骨神経に沿った、脚の後ろ側に広がる痛み)を引き起こします。

    さらに、椎間板ヘルニアによってしびれや筋力低下が起こる場合があります。神経根への圧迫が強いと、脚が麻痺することがあります。まれに、椎間板が脊髄を直接圧迫することがあり、両脚の筋力低下や麻痺が起こる可能性があります。馬尾(脊髄の一番下から伸びている神経の束)が侵されると、排尿や排便の制御機能が失われることがあります。これらの深刻な症状が現れた場合は、直ちに受診する必要があります。

    大部分の人は、まったく治療を受けることなく、通常は3カ月以内に(しばしばもっと早く)回復します。患部をアイスパックなどで冷やしたり、温熱パッドなどで温めたり、市販の鎮痛薬を使用したりすると、痛みの緩和に役立つことがあります。ときに、ヘルニアが生じた椎間板の一部または全体、および椎骨の一部を切除する手術が必要になる場合もあります。椎間板ヘルニアによる坐骨神経痛のために手術を受けた人の10~20%で、別の椎間板の破裂が起こります。

関連するトピック
腰痛