Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

honeypot link
有鉤条虫のライフサイクル
有鉤条虫のライフサイクル
有鉤条虫のライフサイクル
  • 1.人間が条虫の幼虫(嚢尾虫)のシストを含んだ豚肉を生や加熱調理が不十分な状態で食べて感染します。

  • 2.嚢尾虫は腸内で条虫の成虫になり、腸壁に付着します。

  • 3.成虫が虫卵を含んだ体節(片節)を作ります。片節は虫卵を放出するか、条虫の残りの部分から分離し、肛門へと移動します。

  • 4.虫卵や片節が便とともに体外に排出されます。

  • 5.ブタまたは(頻度は低いものの)人間がその虫卵や片節を(例えば、人間の便で汚染されたものを食べて)体内に取り込むことで感染します。

  • 6.体内に入った虫卵は、腸内でふ化して球体(六鉤幼虫)を放出し、この幼虫が腸壁を通過します。

  • 7.その後、六鉤幼虫は血流に乗って筋肉や脳、肝臓などの臓器に移動し、そこでシストを形成します。

関連するトピック
条虫感染症