Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

honeypot link
内視鏡的逆行性胆道膵管造影検査について
HEP_ERCP_ja
内視鏡的逆行性胆道膵管造影検査について

    内視鏡的逆行性胆道膵管造影(ERCP)検査では、内視鏡(観察用の柔軟な管状の機器)を口から挿入し、胃を通して十二指腸(小腸が始まる部分)まで到達させて、そこから造影剤を注入します。造影剤はオッディ括約筋から少し中に入ったところから胆道に注入します。この造影剤は胆管を逆流し、しばしば胆管だけでなく膵管も写し出します。

    内視鏡と一緒に手術器具を用いて、胆管の結石を除去したり、瘢痕やがんで詰まった胆管を迂回するためのステント(筒状の器具)を挿入したりすることも可能です。