Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

honeypot link
各国の母体死亡率の比較
GYN-maternal-mortality-2015-2_ja
各国の母体死亡率の比較

    このグラフは、各国の母体死亡率を比較したものです。

    母体死亡とは、妊娠に関連する問題が原因で、妊娠中または分娩直後に死亡した女性の数です。

    母体死亡率とは、出生(生存している胎児の分娩)10万件当たりのこのような死亡の数です。

    2015年には、母体死亡率は出生10万件当たり3件(フィンランド)から1360件(シエラレオネ)までの幅がありました(これらの国は以下に示されていません)。米国の母体死亡率は他の多くの欧米諸国よりも高くなっています(出生10万件当たり14件)。

    Data from WHO, UNICEF, UNFPA, World Bank Group, and the United Nations Population Division.Trends in Maternal Mortality: 1990 to 2015. Geneva, World Health Organization, 2015.

関連するトピック
ハイリスク妊娠の概要