Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

結腸がんの病期診断 (2)
結腸がんの病期診断 (2)
結腸がんの病期診断 (2)
  • 0期:がんがポリープを覆っている大腸(結腸)の内層(粘膜)にとどまっているもの。この病期で治療を行った場合の5年生存率は95%を超えています。

  • 1期:がんが大腸の内層と筋層の間の隙間に広がったもの。(この中には血管、神経、リンパ管があります)。この病期で治療を行った場合の5年生存率は90%を超えています。

  • 2期:がんが結腸の筋層と外層まで浸潤したもの。この病期で治療を行った場合の5年生存率は約55~85%です。

  • 3期:がんが結腸の外層を越えて周囲のリンパ節まで広がったもの。この病期で治療を行った場合の5年生存率は約20~55%です。

  • 4期(図には示していない):がんが肝臓、肺、卵巣、腹膜(腹腔の内側を覆う膜)など他の臓器まで広がったもの。この病気では治療を行っても5年生存率は1%未満です。