Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

honeypot link
視覚路をたどる
EYE_tracing_visual_pathway_ja
視覚路をたどる

    それぞれの眼で生じた神経信号は、視神経などの神経線維(視覚路と呼ばれる)に沿って伝わり、脳の後方で視覚として感知され、解釈されます。2本の視神経は、眼の後方で下垂体の直前、前方部の脳(大脳)の直下にある視交叉で出会います。それぞれの眼からきた視神経は、視交叉で2つに分かれます。右側、左側からきた神経線維のうち半分ずつが、視交叉で反対側に交叉し、脳の後ろまでつながっています。このため、脳の右側は、両眼の左視野からの情報を受け取り、脳の左側は両方の視神経から視野の右側の情報を受け取ります。視野の中心部分の情報は重なり合って伝えられます。つまり、この部分は両方の眼で見ているわけです(両眼視と呼びます)。

    同じ物をそれぞれの眼から見ると、角度がわずかに異なるため、脳がそれぞれの眼から受け取る情報は、重なっているとはいえ、まったく同じものではありません。脳はそれらの情報を統合して完全な画像に仕上げます。これが立体視または奥行きの知覚の基礎です。

関連するトピック
眼の構造と機能