Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

honeypot link
経皮的冠動脈インターベンション(PCI)について理解する
CVS_percutaneous_coronary_intervention_a_ja
経皮的冠動脈インターベンション(PCI)について理解する

    先端にバルーンの付いたカテーテルを太い動脈(大腿動脈が選択されることもありますが、現在は手首にある橈骨動脈が最もよく選択されます)に挿入し、その動脈から大動脈を通して冠動脈の狭窄または閉塞部位まで進めます。次に、バルーンを膨らませてアテロームを動脈壁に押し付けて、動脈を開通させます。通常は、折りたたんだステント(網目状のワイヤーでできた筒)をカテーテル先端のしぼんだバルーンにかぶせて、カテーテルと一緒に挿入します。カテーテルがアテロームの部分まで到達したら、バルーンを膨らませ、ステントを開きます。続いて、バルーンの付いたカテーテルを抜き、ステントはそのまま留置して、動脈が開通した状態を維持させます。

関連するトピック
冠動脈疾患(CAD)の概要