Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

honeypot link
非X連鎖(常染色体)劣性遺伝疾患
FUN_non_x_linked_recessive_ja
非X連鎖(常染色体)劣性遺伝疾患

一部の疾患は非X連鎖劣性形質として表れます。通常、発症するには異常遺伝子が2つ必要で、両親から1つずつ受け継ぎます。両親ともに異常遺伝子と正常遺伝子を1つずつもっている場合、両親は発症しませんが、各親から異常遺伝子が子どもに遺伝する可能性はそれぞれ50%です。したがって、子どもでの確率は以下のようになります。

25%の確率で異常遺伝子を2つ受け継ぐ(そのため疾患を発症する)

25%の確率で正常遺伝子を2つ受け継ぐ

50%の確率で異常遺伝子と正常遺伝子を1つずつ受け継ぐ(そのため両親と同様にその疾患のキャリアになる)

したがって、子どもで疾患が発生しない(正常またはキャリアである)確率は75%です。

関連するトピック
単一遺伝子疾患の遺伝