Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

honeypot link
皮膚分節
NEU_dermatomes_ja
皮膚分節

皮膚の表面は皮膚分節と呼ばれる領域に分けられています。皮膚分節とは、1つの脊髄神経根から出た複数の感覚神経のみによって支配される領域です。感覚神経は、触感、痛み、温度、振動などの情報を皮膚から脊髄に伝えます。

脊髄神経根は対になっていて、各対の1つずつが体の右側と左側に対応します。全部で31対あります。

7個の頸椎に対して8対の感覚神経根があります。

12個の胸椎、5個の腰椎、5個の仙椎のそれぞれに1対の脊髄神経根が対応しています。

さらに、脊髄の下端に1対の尾骨神経根があり、これは尾骨周囲の皮膚の狭い範囲を支配しています。

これらそれぞれの神経根に対応する皮膚分節があります。

ある皮膚分節から送られる感覚情報は、感覚神経線維によって対応する椎骨の脊髄神経根に伝えられます。例えば、太ももの後ろ側の帯状の領域から送られた皮膚の感覚情報は、感覚神経線維によって第2仙椎(S2)の神経根に伝えられます。