honeypot link

Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

磁気療法

執筆者:

Steven Novella

, MD, Yale University School of Medicine

最終査読/改訂年月 2017年 11月
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します

磁気療法では静磁場、パルス状の電磁場、交流磁界もしくは直流磁界が用いられます。パルス状の電磁場のために、磁石を用いてパルス状の電流を作り出しますが、熱は産生されません。

効能

磁気療法は特に筋骨格系の病気の治療で広く用いられています。磁気療法は痛みの緩和を目的として、衣服、アクセサリー、マットレスとしても商品化されています。

静磁気療法の効果は、まだ科学的に立証されていません。特に痛みの緩和を目的として行われる静磁気療法は最も普及しているものの1つですが、この点についても科学的にはまだ立証されていません。静磁場に関する適切なデザインの研究では、慢性の痛みや、変形性関節症、関節リウマチには効果がないことが示されています。

パルス状の電磁場を利用することで、治癒過程が停止した骨折の治癒が促されることは、科学的に立証されています。パルス状の電磁場は、痛みの緩和にも役立つ可能性があります。

起こりうる副作用

次のような人に対しての磁気療法の安全性は、明らかではありません。

  • 妊娠している人(胎児への影響が分かっていません)

  • 植込み型心臓装置を付けている人

  • インスリンポンプを使用している人

  • 貼付薬を使用している人

ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP