Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

読み込んでいます

代替医療の種類

執筆者:

Steven Novella

, MD, Yale University School of Medicine

最終査読/改訂年月 2017年 11月
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
本ページのリソース

代替医療は大きく5つの領域に分類することができます。

この分類名は代替医療の内容を部分的に表しているに過ぎません。これらの治療法は、現代科学の概念で理解できるものもありますが、理解不能なものもあります。多くのタイプが他の治療法と部分的に重なっています。

icon

代替医療の種類

種類

説明

全医療系

理念、診断、治療を含めた包括的なアプローチ

体内のバランスの回復を目標とする

食事療法、マッサージ、ハーブ、瞑想、治療的排泄、ヨガが用いられる

類似の法則に基づく:大量に投与するとある一連の症状を引き起こす物質を、ごく微量投与することで、その同じ症状が治る*

健康的な生活習慣を促進し、その人全体を治療対象とし、身体に自然に備わっている治癒力を用いることで病気を予防し治療することを目標とする

鍼治療やカウンセリング、運動療法、誘導イメージ療法、ホメオパシー、薬用ハーブ、自然分娩、栄養、理学療法、ストレス管理などの方法を組み合わせて治療を行う

体内の相対する力である陰と陽を均衡させることで、体内の生命力の適切な流れ(気)を回復することも目標とする

鍼治療、マッサージ、薬用ハーブ、瞑想訓練(気功)を用いる

心身医療

行動的、心理的、社会的、スピリチュアルな手法を用いて、健康の維持と病気の予防や治療を行う

測定機器を使用して生物学的機能に関する情報(心拍数、血圧、筋肉の緊張など)を提供し、患者にそれらの機能のコントロール法を教育する

心にイメージを描くことで精神をリラックスさせたり、健康状態を向上させたりするほか、がんや心的外傷などの特定の病態を治癒させる

患者をリラックスさせて、集中力を高めることで行動変容を助け、それによって健康状態を改善する

集中力を意図的にコントロールしたり、各自の内的または外的経験の特定の側面に系統的に意識を集中させる

身体の特定の機能スピードを遅くすることで(例えば、心拍をゆっくりにする)、緊張やストレスを緩和する

生物学に基づく療法

自然に発生する物質(特定の食べものや微量栄養素)を用いて健康を促進する

生物学的療法

動物に自然に発生する物質を用いて病気を治療する(がんを治療するために用いられるサメ軟骨など)

薬を用いて、過剰または有毒な量があると考えられる金属やミネラルに結合させ、体内から取り除く

特別な食事をとる養生法(ゲルソン療法、マクロビオティック、オーニッシュ・ダイエット、プリティキンダイエットなど)を用いて、特定の病気の治療や予防を行ったり、全般的な健康増進を行ったり、身体の解毒を行ったりする

植物や植物の抽出物を用いて病気の治療や健康増進に利用する

一般的に体内に存在する物質(ビタミン、ミネラル、ホルモン、アミノ酸など)を、多くの場合は高用量で用いることで、特定の病気を治療したり健康を維持したりする

マニピュレーションや身体をベースにした療法

関節や筋肉などの身体の部位にマニピュレーションを施すことで、様々な病態を治療する

身体には自らを調整したり治癒したりする能力が備わっており、身体の各部位は相互依存の関係にあるという考え方に基づく

主に脊椎にマニピュレーションを施すことで、脊椎と神経系の関係を正常化する

理学療法(温熱療法、寒冷療法、電気刺激療法など)、マッサージ、鍼治療、運動や生活習慣の改善などを行う場合がある

筋肉や他の組織にマニピュレーションを施すことで、健康状態を向上させ、痛みやストレスを和らげる

姿勢矯正法では、動作や手で触れることによって、患者が健康的な姿勢を取り戻したり、楽に動いたり、自分の体への意識を高めたりするのを助けます。

足のツボが体の様々な臓器や器官系に対応しているとの考えに基づき、足のツボの圧迫を行う

筋肉や特定の器官周辺の線維組織に対してマニピュレーションを施すことで骨と筋肉のバランスを再構築し、それによって健康を回復させることを目標とする

エネルギー療法

体の内外に存在するとされるバイオフィールド(生体電場)にマニピュレーションを施すことで健康を維持したり回復したりする

体の内側と外側には普遍的な生命力や微弱なエネルギーが宿っているという信念に基づく

一般的には細い針を皮膚および皮下組織に刺して体の特定の部位を刺激し、気の流れの障害を取り除くことで、体内のバランスを回復する

外気功

気功師が自分自身のバイオフィールドのエネルギーを用いて、相手のエネルギーのバランスを回復する

疼痛の軽減または治癒の促進のために、体に磁石を置く

パルス磁場

磁石を利用して、熱を産生することなくパルス電流を作り出し、それによって損傷した身体の部位(骨折など)の治癒を早めるほか、痛みを緩和しうる

施術者が自分の手から患者の体にエネルギーを与えて治癒を促進する

施術者の治癒エネルギーを用いて(通常は患者身体には触れない)、バイオフィールドのバランスの崩れを特定し修復する

*多くの溶液は希釈度が極めて高いため、有効成分の分子が含まれていません。

ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP