Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

読み込んでいます

マニピュレーションや身体をベースにした療法

執筆者:

Steven Novella

, MD, Yale University School of Medicine

最終査読/改訂年月 2017年 11月
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します

マニピュレーションや身体をベースにした療法では、体に手技を施すことを通じて様々な状態を治療します。このような療法には以下のものがあります。

これらの療法は、身体には自らを調節して治す力が備わっており、身体の各部位は相互依存の関係にあるという考え方に基づくものです。

姿勢矯正法

姿勢矯正法では、動作や手で触れることによって、患者が健康的な姿勢を取り戻したり、楽に動いたり、自分の体への意識を高めたりするのを助けます。この手法の狙いは、習慣となっている有害な姿勢を取り除くことです。

姿勢矯正法の有効性は明らかになっていません。

リフレクソロジー

リフレクソロジーでは、足のツボが体の様々な臓器や器官系に対応していると考え、足のツボの圧迫を行います。足のツボを刺激すると、ツボに対応する体の部位の痛みや病気の原因であるエネルギーの障害物を取り除くことができると考えられています。

リフレクソロジーはリラックスさせるという点で、他のマッサージと同様、有用である可能性があります。他の有益性で証明されているものはありません。また、足の部位が身体の様々な臓器や器官系に対応しているという考えも、既知の科学的根拠に基づくものではありません。

構造的身体統合法

構造的身体統合法は、良好な健康状態は正しい体の姿勢に基づくという理論が根本にあります。構造的身体統合法は深部組織マッサージの1つで、一般的に数回のセッションにわけて施術を行います。施術者は、筋肉など身体臓器を包む線維組織(筋膜)を伸ばす手技によって、骨や筋肉を適切に調整することができると信じています。

構造的身体統合法の有効性は科学的に証明されていません。

ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP