Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

読み込んでいます

バイオフィードバック法

執筆者:

Steven Novella

, MD, Yale University School of Medicine

最終査読/改訂年月 2017年 11月
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します

バイオフィードバック法は、無意識に進行する体内の生物学的プロセスを意識下に置くことを試みる方法です。バイオフィードバック法では、測定機器を用いて無意識のプロセス(心拍数、血圧、筋肉の緊張など)についての情報を測定し、それを本人が意識できる形で提示します。施術者の助けや訓練により、患者はこうした身体的機能の変化がなぜ起こるのかを理解し、どうすればコントロールできるかを習得できます。

効能

通常、バイオフィードバック法は、頭痛や慢性腹痛などの痛みの治療や、ストレス、不眠、便失禁や尿失禁、注意欠如・多動症、外傷性脳損傷、耳鳴り、レイノー症候群の治療に用いられます。

バイオフィードバック法は、ある種の問題(頭痛、失禁、注意欠陥・多動症など)の治療に対する臨床的有効性が示されています。

ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP