Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

読み込んでいます

アーユルベーダ

執筆者:

Steven Novella

, MD, Yale University School of Medicine

最終査読/改訂年月 2017年 11月
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します

アーユルベーダは、4000年以上前に発祥したインドの伝統的な医療体系です。アーユルベーダは、体にある生命の力である「プラナ」のバランスが崩れて病気になるという理論に基づいています。この生命の力のバランスは、ドーシャと呼ばれる体の3つの要素(ヴァータ、ピッタ、カパ)の均衡により決まります。ほとんどの人は支配的ドーシャをもっており、具体的なバランスは人によって異なります。施術者は以下のような方法で患者の評価を行います。

  • 症状・行動・生活習慣についての問診

  • 目・舌・皮膚を含めた全体的な外観の視診

  • 脈診、尿や便の検査

ドーシャのバランスが確定すると、施術者は患者毎に個別の治療を組み立てます。アーユルベーダでは、食事療法、ハーブマッサージ瞑想、ヨガ、体内浄化(治療的排泄)が用いられます。体内浄化では、通常、直腸に液体を注入して排便を促したり(浣腸)、鼻を水で洗浄(鼻洗浄)して体内のバランスや自然とのバランスを回復します。

効能

アーユルベーダでは、関節炎、不安、睡眠障害(不眠症)、腫瘍、結核、喘息、気管支炎、背部痛、線維筋痛症、月経の異常、しゃっくり、慢性肝疾患など様々な病気の治療において、アシュワガンダという薬用ハーブが利用されます。しかし、これらの病態にアシュワガンダが有効であることを確定するためには、さらなる研究が必要です。

アーユルベーダに関しては、適切な試験デザインを有する研究はほとんど行われていません。アーユルベーダで用いるハーブを組み合わせた処方による、関節リウマチ患者の治療の研究が行われています。しかし、これらの治療が症状の軽減に有効であるかについて、説得力のある科学的証拠は得られていません。アーユルベーダ療法を使った糖尿病の治療について、現在研究が行われています。

起こりうる副作用

重金属(主に鉛、水銀、ヒ素)に治療的作用があると考えられているため、アーユルベーダで用いるハーブを組み合わせた一部の処方には重金属が含まれます。ところが、このような処方は、たとえ推奨用量の範囲内での使用であっても重金属中毒が起こる可能性があります。

アシュワガンダには、胃のむかつき、下痢、嘔吐などの副作用があります。アシュワガンダの使用は、多発性硬化症、ループス腎炎、関節リウマチなどの自己免疫疾患の重症度を増大させる場合もあります。アシュワガンダは他の薬と相互作用を起こすことがあります。例えば、鎮静薬を服用している人がアシュワガンダも摂取した場合、過度に眠くなることがあります。どちらも眠気を引き起こします。

ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP