Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

読み込んでいます

マリアアザミ(ミルクシスル)

執筆者:

Melissa G. Marko

, PhD, Nestle Nutrition;


Ara DerMarderosian

, PhD, University of the Sciences

最終査読/改訂年月 2017年 11月
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します

主な有効成分はシリマリンで、とげだらけの葉をもち、紫色の花が咲くこの植物の種の中に存在します。

薬用ハーブと機能性食品の概要も参照のこと。)

効能

マリアアザミ(ミルクシスル)はウイルス、有害物質(アルコールやタマゴテングタケの毒素など)、特定の薬剤(アセトアミノフェンなど)から肝臓を保護するといわれています。このため、マリアアザミはキノコ中毒や他の肝臓病(肝硬変C型肝炎など)の予防や治療を目的として摂取されます。適切な試験デザインによる科学的研究では、肝臓病に対するマリアアザミの有意な有益性は示されていません。

2型糖尿病患者では、マリアアザミによって血糖コントロールが改善することがあります。

起こりうる副作用

短期間の胃の不調や軽度のアレルギーはみられますが、重篤な副作用は報告されていません。

ホルモン感受性疾患(乳がん、子宮がん、卵巣がん、子宮内膜症、子宮筋腫など)がある女性は、マリアアザミの地上に出た部分の摂取を控えるべきです。

薬との相互作用の可能性

マリアアザミは血糖値を下げる薬(血糖降下薬)の効果を増強させ、HIV感染症の治療薬(インジナビルやサキナビルなど)を阻害することがあります。

さらなる情報

ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP