Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

読み込んでいます

ノコギリヤシ

執筆者:

Melissa G. Marko

, PhD, Nestle Nutrition;


Ara DerMarderosian

, PhD, University of the Sciences

最終査読/改訂年月 2017年 11月
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します

この植物の果実はお茶の原料になります。ノコギリヤシには錠剤やカプセル、液剤もあります。

薬用ハーブと機能性食品の概要も参照のこと。)

効能

ノコギリヤシの作用は テストステロンの作用と拮抗します。前立腺肥大症(良性前立腺過形成)を治療するために、多くの男性がノコギリヤシ摂取しています。いくつかの研究で、ノコギリヤシは頻回の尿意切迫などの前立腺肥大症の症状を緩和しました。しかし、適切な試験デザインによる1件の大規模試験では、有益性は示されませんでした。

精子の産生量を増加させる、乳房を大きくする、性的な活力を高めるという効能は、どれも立証されていません。

起こりうる副作用

頭痛や下痢がたまに起こることがあります。ノコギリヤシにはホルモン作用があるため、妊婦または妊娠している可能性のある女性は、ノコギリヤシを摂取しないでください。ノコギリヤシが原因と考えられる急性肝傷害と急性膵炎の症例がそれぞれ1例ずつ報告されています。

薬との相互作用の可能性

ホルモン療法を受けている女性は、ノコギリヤシを服用する前に医師に相談すべきです。ノコギリヤシは エストロゲン補充療法や経口避妊薬と相互作用を起こすことがあります。また、ワルファリンの血栓予防効果に影響を及ぼすことがあります。

さらなる情報

ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP