Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

読み込んでいます

ゴールデンシール

執筆者:

Melissa G. Marko

, PhD, Nestle Nutrition;


Ara DerMarderosian

, PhD, University of the Sciences

最終査読/改訂年月 2017年 11月
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します

絶滅危惧種の植物であるゴールデンシールはキンポウゲ科に属します。その有効成分はヒドラスチンとベルベリンで、防腐作用があります。ベルベリンは、下痢に対しても効果的です。

薬用ハーブと機能性食品の概要も参照のこと。)

効能

ゴールデンシールはアフタ性口内炎、眼の炎症や眼痛、創傷、炎症を起こした皮膚に対する消毒用洗浄剤として、また腟感染に対する腟洗浄液として使用されます。かぜ薬としてエキナセアと併用されますが、かぜ薬としてのゴールデンシールの有効性は証明されていません。ゴールデンシールは消化不良や下痢の薬としても使われています。比較的適切なデザインによる2件の試験で、ゴールデンシールから単離したベルベリンが下痢を軽減することが示されました。

起こりうる副作用

ゴールデンシールは、消化器への刺激や不調、子宮収縮、新生児黄疸、高血圧の悪化など、様々な副作用を引き起こす可能性があります。ゴールデンシールを大量に摂取すると、けいれんや呼吸不全が起こりやすくなり、心臓の収縮に影響が出ることがあります。妊婦や授乳中の女性や新生児、または心臓病やけいれん性疾患、血液凝固障害のある人は、ゴールデンシールを摂取しないでください。

薬との相互作用の可能性

ゴールデンシールは血栓予防薬(ワルファリンなど)と相互作用を起こすことがあります。

さらなる情報

ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP