Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

読み込んでいます

クロム

執筆者:

Melissa G. Marko

, PhD, Nestle Nutrition;


Ara DerMarderosian

, PhD, University of the Sciences

最終査読/改訂年月 2017年 11月
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します

クロムは体に少量だけ必要なミネラルです。クロムにより インスリンが機能するようになります。全粒粉製品にはクロムが豊富に含まれ、また、ニンジン、ジャガイモ、ブロッコリー、糖蜜にも豊富に含まれています。サプリメント(栄養補助食品)には、たいていピコリン酸クロムの形で含まれています。

薬用ハーブと機能性食品の概要も参照のこと。)

効能

クロムが欠乏すると インスリンが機能しなくなりますが、サプリメントの摂取による インスリンの働きの改善は示されていません。減量に役立つという科学的証拠がありますが、効果は小さいとされています。クロムは筋肉を増やす、あるいは体脂肪を減少させるといわれていますが、これらを裏付ける科学的証拠はありません。クロムのサプリメントは、いわゆる「悪玉」コレステロールである低比重リポタンパク(LDL)の値を低下させ、いわゆる「善玉」コレステロールである高比重リポタンパク(HDL)の値を上昇させることがありますが、これを裏付ける科学的証拠はありません。

起こりうる副作用

クロムのサプリメントは鉄の吸収を低下させることがあります。

クロムの最大安全量は分かっていません。クロムが染色体損傷を引き起こし、その結果、有害な影響や場合によってはがんを引き起こしうることを示す根拠もあります。

さらなる情報

ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP