Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

読み込んでいます

クレアチン

執筆者:

Melissa G. Marko

, PhD, Nestle Nutrition;


Ara DerMarderosian

, PhD, University of the Sciences

最終査読/改訂年月 2017年 11月
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します

クレアチンは肝臓でつくられ、筋肉に蓄えられるアミノ酸です。体内ではリン酸塩と化合して、すぐに利用できるエネルギー源となります。クレアチンは食物では、牛乳や赤身肉、一部の魚に含まれます。

薬用ハーブと機能性食品の概要も参照のこと。)

効能

クレアチンのサプリメント(栄養補助食品)は、身体能力や運動能力の向上、あるいは疲労の軽減を目的として摂取されます。クレアチンの使用と体重の増加は関連しています。いくつかの研究により、クレアチンには短い時間で最大限の力を発揮する運動(短距離走など)の作業量を高めることが示されています。

起こりうる副作用

クレアチンのサプリメントによって尿中や血液中のクレアチンの値が上昇し、腎機能障害を引き起こすことがあります。糖尿病がある場合や腎機能障害の既往がある場合は、クレアチンのサプリメントを摂取してはいけません。

薬との相互作用の可能性

腎毒性のある薬を服用している場合はクレアチンのサプリメントを摂取してはいけません。

さらなる情報

ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP